カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/1/19 危なかった〜

正月に入ってから、片付けも一段落して、あまりにも暇だったんです。

 

で、暇だったので、ちょっと自分のこころと向き合って、掘り下げてみたんですよ。

 

まあ、暇だからといって、こんなことしている事事体がおかしいんですけどね(笑)

 

そしたら、いきなりとんでもないものがでてきました。

 

例えるならば、自分の土地を掘り返してみたら、不法投棄の産業廃棄物が大量にでてきた、みたいな感じです。

 

ちょっと油断していた事もあり、精神的に危ないところまでいきそうになりました。

 

むやみに掘り返すものではないですねぇ、ほんと。

 

で、この不法投棄された産業廃棄物の正体。

 

それは、コンプレックスでした。

 

私にとっては、このコンプレックスこそが、孤独感の原因でもあり、自分の枷でもあったわけです。

 

で、せっかく掘り出したのに、ここでほったらかしにしてしまっては意味がないわけです。

 

すぐさま、セルフカウンセリングを開始しました。

 

結果

 

最悪の事態をなんとか回避でき、こころの状態も正常に戻りました。

 

いやあ、本当に危なかったですわ。

 

普通、自分と向き合うって、危険な事ではないんですけどね。

 

どうやら私は、自分に対しても容赦がない(笑)

 

しかも、今回はうっかりずっぽりやってしまいましたからね。

 

抵抗がでる暇すらなかったわけです。

 

ほんと、意表を疲れました(笑)

 

普通、セルフカウンセリングって、自分が見たくない部分に関しては、効果が出ないんですよ。

 

なぜなら、本来自分が見たくない部分は、必ず抵抗がでますので、一人でやろうとしても、抵抗に阻まれて、それ以上は進めないんです。

 

ある意味、抵抗する事がブレーキになって、ずっぽり深く掘り下げてしまう事を抑制しているわけです。

 

それ以上進むためには、カウンセラーがガイド役になって、抵抗を上手に外しながら、安全に深く進んでいくわけです。

 

そもそも、抵抗自体が、自分自身の安全のためにあるようなものですからね。

 

一種のブレーキみたいなものです。

 

それが今回に限って、全く機能しなかった、つまり、全く抵抗しなかったわけですよ。

 

まあ、私みたいに、一人で深くまでずっぽし突き進もうという大バカものはいないでしょうけどね(笑)

 

おかげさまで、大きな大きな問題が一つ、あっさり終わっちゃいました(笑)

 

その影響が現実にでてくるまでは、もう少し時間がかかるかもしれません。

 

まあ、でてきたら、皆さんに報告できればいいな、と思っております。

ページ TOPへ