カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/1/7 なにやってるんだか/おまけ話

さて、長期にわたる神戸帰省、今回は非常に自分と向き合う時間となりました。

 

急きょ決めた帰省ではあったのですが、結果として、自分にとってプラスになった感じがしますね。

 

おかげさまで、本当にいろんなものを手放すことになりましたけどね。

 

おかげで、心身ともに疲れましたよ(笑)

 

何しに帰省してるんだか(笑)

 

結構な数のコラムや講座を書くことができて、かなりどっさりネタがたまった感じではありますが、そのうちどれだけ皆様にお見せできるかどうか・・・。

 

ふと、昔後輩が言った言葉を思い出します。

 

中原さんは、素を出しすぎです。

 

おっしゃる通りです。

 

特に自分をよく見せようという気がさらさらないのでね。

 

あくまでも本音、ありのままを貫いていきたいなと思っております。

 

なぜなら、クライアントさんに「ありのままでいいですよ」といいたければ、まずカウンセラーがありのままでいることの手本を見せるのが、私は大切だと思ってます。

 

カウンセラーができていないことを、クライアントさんに「やりなさい」とは言えないと思うんですよね。

 

自分と向き合えといいたいのであれば、カウンセラーが向き合う手本を見せる必要があるし、信頼することに関しても、まずは自分がクライアントさんを信頼しないとね。

 

難しいんですよ、これって。

 

信頼よりも不安や心配のほうがいっぱい出てきますからね。

 

たとえカウンセラーができていないことであっても、今取り組んでいる最中です!だったら、言ってもいいと思うんですよ。

 

やっぱ、口先だけのカウンセラーにはなりたくないし、本当にクライアントさんたちには幸せになってもらいたい。

 

それが私の本心です。

 

まあその結果、とんでもないことになってしまったりするのが、これまたおもしろかったりするわけですが(笑)

 

 

今回の神戸帰省の、おまけ話です。

 

新年会の翌日に当たる神戸帰省最終日、いつも行く温泉に行ってきたんです。

 

服を脱いですっぽんぽんになり、さあ温泉に入るぞ、という瞬間、私を呼ぶ声がするんですよ。

 

見たら、昨日新年会に参加していた友人でした。

 

息子さんと来てたんですねぇ。

 

これだから地元は(笑)

 

で、二人で雨の中、露天風呂に入りながら、まったりといろんな話をしていました。

 

そういえば以前も、東京に帰る当日、お土産を買いに行って同級生に会ったよなぁ。

 

ほんと、地元って怖いわぁ(笑)

 

ページ TOPへ