カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2018/1/5 小さなことが気になる私

年末、神戸に帰省する深夜バスでの出来事です。

 

今回のバスの旅は非常に快適で、渋滞に巻き込まれる事もなく、到着予定時間よりも一時間早くつく、という始めての体験がありました。

 

で、ほかにも始めての体験があったわけです。

 

それは、海老名サービスエリアでの出来事でした。

 

深夜バスは、夜中に運転手の交代やトイレ休憩等で、2〜4回サービスエリアに停車します。

 

で、その間自由行動をするわけですが、なんと海老名サービスエリアで、乗客が戻ってこない、という事体が起きました。

 

出発時間になっても動かないバス。

 

慌てる乗務員。

 

私はそれを見ていて、もし、サービスエリアに取り残されたら、その後どうするんだろう、と考えていたんです。

 

タクシー呼ぶのか?

 

それとも、バス会社に連絡するのか?

 

実際にサービスエリアに取り残された事がありませんし、そのような経験をされた方も知りません。

 

でも、ないとは言い切れませんからね。

 

そんな事をつらつら考えていたら、乗客が戻ってきました。

 

買い物に時間がかかっていたんですねぇ。

 

ま、無事に戻って来れてよかったですよ。

 

もう一つ。

 

通路を挟んで、隣に寝ている人の話です。

 

バスが出発し始めてすぐに寝始めたその男性は、寝ているときにいびきをかくわけです。

 

まあ自分がいびきをかいているかどうか、当の本人は知りませんからね。

 

初めのうちは、そのいびきがバス中に響いていたわけですよ。

 

で、しばらくしたら、いびきがしなくなったんです。

 

ですが、呼吸音が聞こえてきます。

 

ただし、不規則にね。

 

おおっ、これって、もしかしたら、睡眠時無呼吸症候群じゃないのか?

 

どきどきハラハラです。

 

気になって眠れない。

 

で、こういうときはどうするか。

 

こういうとき、私は、楽しかった思い出や、楽しい想像をして、意識を自分に戻します。

 

友人との楽しいおしゃべりだとか、宝くじが当たった自分とか(笑)そんな事を想像して、自分を楽しくしてしまいます。

 

そうすると、隣の寝息が気にならなくなるわけですよ。

 

いや、楽しいって、偉大ですよ。

 

皆さんも、楽しさを使って意識を自分に引き戻すやり方、是非お試しくださいませ。

 

深夜バスでの、ちょっとした出来事でした。

ページ TOPへ