カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

自覚がないのは困りものです

よく私の講座では、自立をテーマにしたお話しがたびたびありますが、一般的な自立と呼ばれているものは、ほとんどが経済的な自立を意味すると最近感じています。

 

ただ、私が自分の講座やコラムで取り上げている自立とは、一般的な自立と少し違っていて、「精神的・心理的な自立」を意味しています。

 

誰かに頼らず、自分の力だけで生きていく。

 

それはそれで悪いことではないと思いますよ、私も。

 

この表現だと、聞こえはいいのですが、実際は「独りで生きていく」ことを意味するということに、どれだけ気が付いているのかな、と感じるときがよくあります。

 

心理的に見ると、誰にも頼らない、誰にも相談できない、自分で何とかしなければいけないなど、こういった感覚は、心理的に自立している人の言葉でもあります。

 

で、自分が依存的だなぁ、と思っている人ほど、心理的には自立している可能性が高いというのも、今までにお話したと思います。

 

自分にとっての当り前は自覚しないものですから、自分の「依存」を自覚している段階で、依存が当たり前ではない、ということになるわけです。

 

本当に依存している人は、自分が依存していることにすら自覚がなく、自分は自立していると思い込んでいる人のほうが多いですからね。

 

例えば、経済的に自立しているからと言って、精神的に自立しているとは限らないし、仕事ができてみんなから信頼されている立場にあるからといって、家族や身内に当たり散らしたり、誰かのせいにしていたりすれば、それは依存していることになるわけですからね。

 

このような状況って、DVやハラスメントではよくあることなんですよ。

 

これも何度もお話していますが、DVやハラスメントをしている人のほうが、心理的には依存しているわけです。

 

弱い者いじめをしているジャ○アンのようなものですよね。

 

で、ジャイ○ンも、家に帰れば、母親に頭が上がらない。

 

自分が家でされていることを、家でたまったフラストレーションを、ほかの場所で八つ当たりして発散しているに過ぎないわけです。

 

つまり、DVやハラスメントは、八つ当たりできる相手に依存しているわけですよね。

 

愚痴る程度はかわいいものですよ。

 

先日忘年会で、若い男の子がお酒に飲まれて、上司や部長に暴言を吐きまくって、周りに迷惑をかけまくったということがありました。

 

まあ周りの皆さんはなれたものですから、お酒のせいにして笑い話にしてくれるわけですが、当の本人は、目が覚めたときに相当青ざめたそうです。

 

これも八つ当たりするよりかわいいわけですよ。

 

しかも、八つ当たりって、当の本人には、八つ当たりしている自覚が全くありませんからね。

 

酔っ払いよりもたちが悪いかもしれません。

 

自覚がないって、本当に怖いなぁ。

 

しみじみそう思いますよ、ほんと。

 

子供が親に八つ当たりするみたいに、わかりやすければいいのですが、大人が八つ当たりするのは、本当にわかりにくいし、影響力も強いわけです。

 

自分は自立していると思っている人は、気を付けてください。

 

周りに八つ当たりしていないかどうか、ね。

 

 

ページ TOPへ