カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/12/27 こだわりの違い

12月に風邪をひきまして、治ったかな~と思ったところで、また別の風邪をひき、これも治ったかな~と思ったら、今、激しい頭痛に襲われております。

 

休みになるたびに、体調がよろしくない。

 

大掃除もしないといけないのにね。

 

それ以上に、自分の体調管理の難しさを感じます。

 

昔と違って、やっぱ歳とってますからね。

 

今までのようにはいかないわけですよ。

 

以前であれば、風邪から回復したら、すぐ元のように動けたのですが、今では、なかなか体力が戻らず、四苦八苦している状態です。

 

ま、底で無理したり、あわてたりすると、自分にも周りにもよくないのでね。

 

しばらくはスローペースでいこうと思っております。

 

で、風邪のためコラムを書く時間がなかなか取れなかったので、気が付いたらストックがなくなってました。

 

今あわてて書いております(笑)

 

ただ、風邪っぴきのおかげで、ネタがあまりない・・・。

 

というわけで、ちょこっとユニークだと感じた友人たちの話をしようと思います。

 

まず友人A。

 

この人は、私の調子が悪いときは、まず連絡がありません。

 

で、調子がよくなると、必ず連絡があります。

 

家に隠しカメラでも仕込んでるんと違うか?と思うくらい、そのタイミングが絶妙なわけです。

 

で、もう一人の友人B。

 

こちらは逆に、タイミングの悪い時に必ず連絡があります。

 

寝込んでいるときや、調子が悪い時には特にね。

 

この二人の友人、比較していると本当に面白いんですよ。

 

考え方一つ、選択ひとつ、心のありようひとつで、こうも変わるものなのか、ということを実感させてくれます。

 

友人Aは、自分の幸せに向かって、惜しみない努力をしている。これだけは自分の意志を貫く、という想いが、どんどん自分を成長させていきます。

 

友人Bは、自分の幸せに向かって努力をしているのでしょうが、これだけは自分を変えたくない、という部分が、邪魔をしているわけです。

 

どちらも自分が持つ「こだわり」なんですよね。

 

一方のこだわりは、自分を成長させ、もう一方のこだわりは、自分を停滞させる。

 

このこだわりの違いって、何なんでしょうね?

 

皆さんのなかにも、こだわりってありますよね。

 

こうでなければいけない、こうするべきだ、など、いろんな形で持っていらっしゃると思います。

 

卵は甘くなければいけない、なんてのもこだわりの一つですよね。

 

こだわる、というのには、大きく二つの意味が隠されていると思います。

 

一つは、頑固さ。

 

それは自分が決めたルールのようなもので、そのルールに従うことを良しとする考え方です。

 

そして、そのルールを他人にも押し付けてしまいがちになります。

 

もう一つは、ポリシーとでも言うのでしょうか。

 

自分が「こう」と決めたことを貫く。

 

例えば、嘘をつかないと決めたら、たとえ自分が苦しい状況になっても、嘘をつかない。

 

これも自分が決めたルールですが、決して他人には押し付けない。

 

前者は、自分が決めたルールに根拠がなく、ただやみくもにルールを守ろうとする。

 

後者は、自分が決めたルールに根拠があり、それを自分に守らせるために努力をする。

 

こだわり一つとっても、こんなに違うのかもしれません。

 

友人Aは私と話をしていて、こういっていました。

 

「それやったら、相手にうそをつくことになるからいやや」

 

友人Bは、こういっていました。

 

「それって、相手を利用しているような気がして、それやったら私が我慢すればいいから」

 

友人Aは、嘘をつかないというポリシーを持って、そのポリシーを貫くからこそ、悩んでしまうわけです。

 

友人Bは、一見嘘をつかないように見えても、自分にうそをついているわけですよね。

 

 

どちらがいいとか悪いとか、というよりも、どちらが友人として、信頼できるか、という目で見てみたら、どう見えるでしょう?

 

友人Aは、信頼できる友人になるでしょう。

 

ただ、嘘をつかないことをポリシーとしている以上、こちらも友人にうそをつかない、くらいの覚悟がないと、友人になれないんですよね。

 

友人Bは、非常に付き合いやすい友人になるでしょう。

 

ただ、自分にうそをつき続けていますから、どれが真実かわかりにくいので、付き合うと疲れるでしょうね。

 

まあ、友人AもBも、男女問わず友人が多いですから、私が考えていることが合っているかどうかははなはだ疑問ではありますが、私にとってはどちらも大切な友人ですからね。

 

友人たちからは、いつもたくさんのことを学ばせていただいている、ということです。

 

感謝です<(_ _)>

ページ TOPへ