カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

8こころの成長を阻むもの

8こころの成長を阻むもの

 

講座参加者に「こころの成長を阻むものがあるとすれば何か」という質問をしてみました。

回答

・エゴ

・自己攻撃

・何か癒されていない(成長する行動が出来なくなる)

・トラウマ

まあ他にもありますが、この程度で十分理解可能だと思います。

 

回答の中で特筆すべきは、現実的成功をする人はトラウマを無視できるんですよね。

「そんなことにとらわれている時間があるなら、

やるべきことをしなさい(フェイスブックを一日7回、宣伝など)」

「理由に使っている暇があるなら、やれ」

という、最近流行のアドラー心理学の理論に乗っ取っているわけです。

 

FWさんは、トラウマを切りすてて先に進むことができます。

トラウマの扱いなどを一足飛に飛ばして、トラウマの扱いを後回しにしたり、やらなくてもよくしたりできるんですよね。

なぜなら、FWさんは目的がトラウマの解消にないためで、結果を目的とする非常にシンプルなものの見方ができるからです。

心の成功タイプ(DF/GK)は目的が「そこにいく道筋」そのものにありますので、以外とトラウマを重要視します。

このように、社会的成功(FW/MF)とこころの成功(DF/GK)では、目的の位置づけが違います。

FW、MFは目的地に行くことが目的なので、それ以外を排除することも可能なわけです。

心の成功の人は、どうやって行くかが大事なわけです。

目的地に着く事を優先するか、どの乗り物で、どのコースで目的地まで行く事が大事か、みたいな感じですね。

 

 

サッカーのチームと同じように、どこでバランスをとるかが、成功の秘訣と言えるかもしれません。

 

FWタイプの人は、DFタイプの人を快く思わない面があります。

まあ試合でもFWさんの天敵はDFさんですからね。

DFタイプの人も、FWを苦手とする人がいるわけです。

しかし、この二つのタイプは、タッグを組むとすごく無敵になります。

お互いの足りない部分を補いあえますし、DFさんはFWさんを上手にたてますから、最強のコンビが生まれるわけです。

 

例えばSONYの創業者の森田さんと井深さん、HONDAの本田宗一郎と藤澤さんなど、抜群の組み合わせの成功例もたくさんあるわけです。

 

余談ですが、私はどちらかというと、GKとDFの養成を得意としていました。

しかし、結果としてその中からすごく優秀なFWさんが誕生したのは、なかなかおもしろい結果でしたね。

このように、元々持っている部分を上手に使う事で、ポジションをコンバート(移動)する事ができるわけです。

そのためには、自分の中にあるFWさんの要素をいかに使いこなすかがポイントになりますね。

 

成功を阻むのは、たいがいが「感情」です。

怒り

強すぎる欲求

変化への恐れ

がんこさ

自分と向き合えない

共依存

抵抗

D言葉(でも、だって、どうせ、だからなどが口癖の人)

などがあげられます。

 

怒りや強すぎる欲求は、逆に現実的成功には必要です。

ロケットを打ち上げるためのエネルギーみたいなものですね

自分と向き合う時間があったら、現実をやりなさいと、全てを成功のための推進力にしていくわけです。

 

現実的にしろ、こころの成功にしろ、成功のためには、「楽しい」気持ちが大事です。

どういう状況でも楽しめれば、強烈に怒りがあっても、楽しめれば、成功へ進んでいけます。

 

<閑話休題>

こころというのは、深く向き合えば向き合う程、現実には結びつきません。

自分と向き合っていくことでしか、答えが見いだせないひとは、私のようにはまり込まないように注意した方がいいかもしれませんね(笑)

よほどよいサポートがついていて、

それを現金化できるシステムがサポートしてくれるか

もともと、お金の才能がある人か

でないと、深く向き合いすぎてしまう人は、成功の道筋から外れてしまいますよ。

 

 

ページ TOPへ