カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/12/13 抽選会

風邪をひいて、本来なら寝込んでいなければいけない状態ですが、どうしてもやらないといけないことがあるわけです。

 

それは木曜日の忘年会のことでした。

 

とある師範の先生から「来年の上野の発表会の会場、抽選会いかないと」

 

なんで私に言うの?

 

と思いましたが、まあ言われたことはやります。

 

まず連絡できるメンバーにメッセージを送って、抽選会参加を促します。

 

ところが、あまりにも急だったためか、あまり人が集まらない。

 

しかも、よく考えたら、言いだしっぺが私になっている手前、私は何があっても行かないといけないわけです。

 

おおぅ、きついなぁ。

 

まあ引き受けてしまった以上、やることはちゃんとやりますよ。

 

土曜日の朝、誰よりも早く抽選会場に到着し、人が来るのを待ちます。

 

当然一番乗りです。

 

そこから抽選開始まで1時間。

 

寒い中ひたすら抽選が始まるのを待つわけです。

 

実は、昨日の夜から、さらに風邪が悪化しておりまして、とうとうおなかにまできてしまいました。

 

おかげで2時間おきにトイレに駆け込む始末。

 

ほとんど寝てません。

 

その状態で、意識がトランス状態になったのかどうかわからないのですが、なんか抽選を引き当てるイメージがあったんです。

 

あ、今年の抽選は私が当てるのかな?

 

そんな感じだったんですよ。

 

で、整理券が配られて、いただいた番号を見たら「4番」でした。

 

まあ妥当な番号ということで。

 

数秘術でいえば、4は強運の番号ですからね。

 

で、抽選が始まって、自分の番が回ってきました。

 

抽選は、人数分の棒が入っている器から一本引いて、あたりなら先に印が付いているというものだったのですが、20本近くある棒の中に、なぜか惹かれる棒があったんですよ。

 

で、その棒を引き抜いたら

 

見事に当選しました。

 

ああ、イメージ通りの結果になったなぁ、というのが、率直な感想です。

 

体調が悪いので、素直に喜べないんですけどね。

 

ま、だいたい何かに当たるときは、先にイメージがちゃんと来るんですよね。

 

昔宝くじで5万円当たった時も、「当たる」というイメージが先に来ましたからね。

 

結果として、皆に喜ばれ、師匠からもお褒めの言葉をいただき、まあこれはこれでよかったなぁ、と思うわけです。

 

そういう意味では、今年は直感が冴えに冴えてましたね。

 

特にいいことで直感がさえわたり、周りの人たちが喜ぶ姿が見られたわけですからね。

 

自分のために使うよりも、誰かのために、みんなが笑顔になるために直感が役立ったのであれば、風邪をおして行動したこともよかったのかな、と感じます。

 

あとは風邪を早く治すだけ

 

と言いながらも、こうしてコラムを書きにいつものカフェに来ている段階で、突込みがありそうな気がしますが(笑)

 

皆様も、風邪には充分お気を付けくださいませ。

 

私が言っても説得力ないか(笑)

 

さささささ。

 

来週は健康診断。

 

それまでに、風邪を治さないとね。

ページ TOPへ