カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/12/11  どちらが好みか/おおぅっ!

どちらが好みか

健康診断のシーズンがやってまいりました。

 

私も派遣会社から「行ってください」と言われましたので、行くことになっております。

 

で、病院を検索し、予約を取ろうとしたら、これがまた電話が取れない。

 

繋がったと思ったら「担当者が席を外しておりますので、折り返しお電話させていただきます」というお返事。

 

しかも「お返事は二日後になるかもしれません」ですって。

 

いやはや、大繁盛ですなぁ、病院も。

 

まあ病院が繁盛しているのか、対応する人のキャパシティを超えているのか、それはわかりませんが、こういうことがあると、それはそれで勉強になりますね。

 

もし自分がそういう立場の仕事をしていたら。

 

そう考えるわけですよ。

 

絶対受付システム作るだろうなぁ、私だったら。

 

もしくは受付システムを作ってもらうように、提案するだろうなぁ。

 

できるかどうか、ではなく、そうしないと、結果会社も自分も、お客さんも誰もよい結果にならないわけですからね。

 

私は今まで、いろんな企業や団体を渡り歩いてきましたけれども、作業効率の改善ができるところと、できないところって、はっきりしてますね。

 

小さい会社ほど、小回りが利くわけですから、作業効率が上がったりするわけです。

 

ま、作業効率を上げないと、仕事にならないというのもあるわけですが(笑)

 

そして、大企業ほど、やっぱ小回りが利かない。

 

作業効率は格段に悪いわけです。

 

ま、仕方のないことかもしれませんけどね。

 

作業効率って、単純に人件費で考えればわかりやすいんですよね。

 

作業効率が悪いということは、それだけ人手が入りますから、人件費がかさむわけです。

 

作業効率がいいというのは、人件費の代わりに、システムや機械に費用がかかるわけですね。

 

どちらがいいかどうか、それは企業の偉いさんが決めること。

 

ま、張り切って決めちゃってくださいな。

 

というか、私は健康診断を受けられるのでしょうか・・・。

 

 

で、この話にはまだ続きがあります。

 

続きは明日のコラムを、お楽しみに!

 

 おおぅっ!

三線教室に向かおうと、道を歩いているときでした。

 

通りの予備校のビルから、人が出てきたのが見えました。

 

すると、予備校から出てきた女の子が一人、け躓いたんです。

 

そのまま前のめりになり、倒れそうになりながら、私のほうに向かってきました。

 

私はとっさに両手を広げ、女の子が倒れないようにと、身構えました。

 

そしたら

 

思いっきり頭突きされました(笑)

 

幸い、女の子は転ぶこともなく、事なきを得たわけです。

 

なんども謝りながら、その場を足早に去っていきました。

 

この場合、転んだ時の痛みと、転ばなくても恥ずかしい思いをするのと、どちらが結果としてよかったんでしょうねぇ。

 

私としては、けがせずに済んだことが何よりだと思っていますので、まああ結果オーライかなと。

 

そう思いながら、頭突きされたおなかをさすりながら、教室へと向かったのでした。

 

おわり

 

ページ TOPへ