カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

信頼できる人の特徴(リーダーシップへの道)

プロブロガーのあんちゃさんのホームページに

 

「信頼できる人の3つの特徴。「信頼される人」になるには何が必要なのか」

 

という記事がありました。

 

この記事によりますと、信頼できる人の特徴は、

一般的に「時間を守る人」とか「周囲に気遣いができて優しい人」とかが信頼できると思われがちですが、本当に森羅できる人には、3つの特徴があると書いております。

 

で、その3つの特徴を読んでみると、なるほど、こういう人なら、私も信頼するだろうなぁ、と納得するわけです。

 

簡単にまとめてしまうと

誠実で

他人のせいにしない人で

行動や言動に一貫性がある

 

ということだそうです。

 

で、最も大事なことは、これらを率先して行うこと(ギブアンドギブの精神)、だそうです。

 

誰かに言われたからやる

相手が開示するから私も開示する

みんながしているから私もしてみる

 

ではなくて、まず自分から行動してみる、ということですね。

 

これって、リーダーシップそのものの考え方なんですよね。

 

そうすると、誰かから信頼される人になること自体が、リーダーシップでもある、ということになります。

 

まあ正しいリーダーシップのプロセスをしていると、信頼はおのずとついてくるんですけどね。

 

実際に、人から信頼されるために、どうすればいいか。

 

それは一長一短でできることではありません。

 

日々の積み重ね、なんですよね。

 

信頼を失うのは一瞬でも、信頼を得るには、それ相応の努力が必要になる。

 

ある人の信頼を得れば、別の人の信頼を失うことだってある。

 

信頼するのも、信頼されるのも、すごく大切なことでもありますが、難しいことでもある。

 

この記事を読んで、講座を書こうとパソコンに向かって、しみじみと感じましたね。

 

で、私自身、信頼を得るために、何かしていることがあるか、と考えてみました。

 

が、なぜか出てきません(笑)

 

あらら、こんなところに、まだ自分が気づいていない自分がいたようです。

 

カウンセラーとクライアントは、信頼関係で成り立っていますし、友人とのお付き合いも、お互い信頼し合っているからこそ続いているわけですよね。

 

ですので、クライアントさんや友人に対して、何かをしていることは間違いないのですが、さすがに自分では気が付かない部分のようです。

 

今度、友人に聞いてみよう。

 

たぶんそこで言ってくれる言葉は「いやいや、そんなことないって」と言いたくなるようなほめ言葉かもしれません。

 

でも、相手がそう感じてくれているということは、自分が気が付かないうちに、相手に対してしていること、なのでしょうね。

 

その言葉を受け取ることができたら、気が付かなかった自分に

出会えるかもしれませんね。

ページ TOPへ