カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

気遣いと心配り

気遣いと心配りという言葉がありますが、皆さんはどちらの言葉を使っていますか?

 

そのまえに、そもそもこの言葉は、どう違うのでしょうね。

 

ネットで調べてみると

気遣い

① 気をつかうこと。心づかい。配慮。

② 好ましくないことが起こるのではないかという心配。おそれ。懸念。多く,下に打ち消しの語を伴う。

 

心配り

気をつかうこと。気づかい。心づかい。配慮。

 

意味だけを見ると、同じなんですよね。

 

でも、やっぱこの二つ、何かが違うんです。

 

私的な考え方ですと、気遣いは「気を使う」わけです。

 

使うということは、消耗するわけですよ。

 

心配りは「こころを配る」わけです。

 

分け与えるわけですね。

 

皆さんは、消耗するのと、配るのと、どちらがいいでしょう?

 

私は断然、配るほうがいいです(笑)

 

まあ好みは人それぞれですので、どちらを選んでもいいわけですが、たとえ同じ意味であっても、とらえ方って違うんですよね。

 

例えば、気遣いをされたら、申し訳ないって思いやすい気がしませんか?

 

一方で、配慮してくれたら、ありがとうって気持ちになる感じがしませんか?

 

してくれることは多分同じなんですよね。

 

でも、気遣いと心配りとでは、受け取り方が変わったりするわけです。

 

ただの言葉なんですけどね。

 

言葉の持つ力、よく言霊なんて言い方をしますが、こういうところにも、言霊が宿っているようにも感じるわけです。

 

似たような言葉に、遠慮と配慮とかあったりしますよね。

 

こういった些細な言葉の使い方、私はかなり注意しています。

 

まあ言葉を使う仕事をしていますから、普段から注意をしているわけですが、意識してみると、遠慮しているのか、配慮してくれているのかが、何となく感じたりしますからね。

 

私の友人で、配慮の達人がいます。

 

遠慮の達人でもありますが(笑)

 

すごく細かいところにまで心配りができるんですよ。

 

あ、そういうところまで見てるんだ、と、よく感心しています。

 

遠慮の達人よりも、配慮の達人になる。

 

そうなれたら、人生かなり変わるかもしれませんね。

 

もちろん、楽しさの達人でも、幸せの達人でも、なっていただいて構いませんよ。

 

私みたいに、苦行の達人にだけはならないようにね(笑)

ページ TOPへ