カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/11/17 大金持ち

先日、神戸に帰省していたときの事です。

 

ふとテレビで、茸採りの匠と呼ばれる人が、こんなことを言っていたんです。

 

お金には貧乏しても、こころは貧乏しない

 

この言葉、こころに感じるものがあったんですよね。

 

どれだけ成功しても、どれだけお金を稼いでも、こころが貧乏なままだと、どうなってしまうのでしょうね。

 

先日、友人と話をしていても、

 

「俺らは職人やから、お金を稼ぐ事よりも、自分が満足できるものを目指したい」

 

という話になったわけです。

 

最近では、私は自分の事を「100円ショップで買える100円のほうきが売れる時代に、手作り一本3万円のほうきを作っている職人みたいな感じ」と言っております。

 

よく職人気質とか、職人肌とか言いますが、自分が納得がいく、自分が満足できるものを提供したい、という想いが強くある人間は、やっぱお金的に貧乏なんですよ。

 

その分苦労もひとしおなわけですが、それ以上に、こころはすごく豊かになるわけです。

 

こころの大金持ち

 

とでも言った方がいいのかもしれませんね。

 

こころの大金持ちは、周りにいるたくさんの人のこころも、豊かにしてくれるわけです。

 

もちろん、お金は必要です。

 

友人ともその話になりましたからね。

 

でも、必要な分だけいただいて、必要以上にはいただかない。

 

それでいいんじゃないか、という話になったんですよね。

 

ないよりあった方がいいのは当然ですが、やっぱこころもお金も豊かなのが、いいんだろうなぁ、と感じるわけですよ。

 

残念ながら、両方が豊かな人には、まだ逢った事がありません。

 

両方同時に豊かになれないシーソーみたいな関係性なのかもしれませんね。

 

もしそうなら、現実とこころの豊かさには、その人にとって釣り合うバランスがあるのかもしれませんね。

 

物理の話になりますが(笑)支点、力点、作用点の位置によって、現実が豊かで、こころが貧しくてもバランスがとれる人もいるでしょうし、その逆でもバランスがとれる事もあるかもしれないわけです。

 

どれが正しい、とかではなく、全部正しい。

 

ただ、自分の持っているバランスと、人が持っているバランスが違うだけ。

 

このバランスが合う人がいたら、それは価値観が似ているとか、相性がいいとか、そういう言い方になるのでしょうね。

 

あなたは、今、現実とこころ、どちらが豊かですか?

 

両方とも豊かじゃない、という方。

 

それは、何か自分の考え方に間違いがある証拠です。

 

その間違いを、よかったら一緒に探してみましょうね。

ページ TOPへ