カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/11/7 神戸ノート/宮古島日記2017 オトーリについて

神戸ノート

というのを、皆さんはご存知でしょうか?

 

神戸市民ならだれでも知っている神戸ノート。

 

神戸市民は神戸ノートなんて言い方はしませんが、小学6年間、ほとんどの小学生がこのノートを使っています。

 

なんと、70年前からあるロングセラー商品です。

 

連絡帳や自由量、百字練習帳、算数ノート、理科ノート、国語ノート、社会科のーとなど、表紙に神戸の写真があしらわれていて、ずっとこれを見ながら勉強していた(私はしないほうでしたが)わけです。

 

なんでも、ことしのグッドデザイン賞のロングセラー商品に選ばれたらしく、同窓生のSNSで話題になっていました。

 

みんなにとっては、小学時代の思い出と密接に関わっている神戸ノート。

 

神戸以外の人たちにとっては、ちょっと小洒落た文房具、といったところでしょうか。

 

まあこの神戸ノートには私も思い出があります。

 

小学一年のときに買ったノートを、小学6年まで使い続けた。

 

なぜかって?

 

全く書かなかったからです。

 

そりゃあ毎年使えるわ(笑)

 

当時は字を書くのが大嫌いでしたからねぇ。

 

好きな社会科と理科、算数以外は、ほんと文字を書きたくなかったですから(おいおい)

 

そんな神戸市民にとって、思い出の詰まった神戸ノート。

 

皆さんも、一度手にとってみてはいかがでしょうか?

 

宮古島日記2017 オトーリについて

もう一つ、宮古島の風習について説明を

 

宮古島にはオトーリという風習があります。

 

例で現しますと、まず「親」と呼ばれる人が一人起立し、コップと一升瓶を持ちます。

 

で、口上と挨拶をいい、そこにいる皆様に、感謝の言葉を述べます。

 

終わったらコップの酒を飲み干し、再びコップに酒を入れて、隣の人に手渡します。

 

受け取った人は、コップの酒を空にして、親にコップを返します。

これを全員にします。

 

一周終わったら、最後に挨拶をして、コップの酒を飲み干します。

 

そして、隣の人がコップと一升瓶を持ち、起立して、次の親になります。

 

で、同じ事を一周するわけです。

 

これを全員がやります。

 

今回、およそ14名くらいでオトーリをしまして、一周で一升瓶ほぼ一本の焼酎が無くなります。

 

つまり、一人一升は飲まされるわけです。

 

これ、内地の人が参加したら、アルコール中毒になりますから、ご注意くださいませ。

 

 

 

 

ページ TOPへ