カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

7成功のための自己分析

7成功のための自己分析

 

自分が成果型の成功タイプなのか、こころの成功タイプなのかを知る事は、非常に大切な事です。

 

輸血をするときに、自分と相手の血液型が合わないと、輸血できないのと同じくらい、自分がどのタイプに該当するのかを知る事は、重要なんです。

自分のタイプを知る事ができれば、自分の生かすべき場所や方法、足りない部分や、助けを求める人に何をお願いするかなど、いろんなことがわかるからです。

 

成功をつかみ取る人は、自分のタイプに合うプロセスを自然と選択し、自分を生かしていく術を無自覚に理解しています。

 

自分を知る

 

これは本当に大切な事なんですよね。

 

皆さんは、ルールは知らないという人がいても、

サッカーというスポーツはご存知ですよね。

まあ知らない人のために、簡単に必要なところだけ説明しますと、サッカーは11人が一チームになって試合をする球技ですが、その11人が大きく4つのポジションに分類されます。

フォワード(FW)

ミッドフィールダー(MF)

ディフェンダー(DF)

ゴールキーパー(GK)

 

突然サッカーの話をされても、意味が分かりませんよね。

ここからは、成功するために自分のパターン分析を行いますが、そのパターンをサッカーポジションに例えた4つのタイプに分類していきます。

自分がどのポジションタイプなのかを知っておくと、わざわざ苦手な事をして成功しようとしなくていいですし、自分の持ち味をうまく出す事で精巧に近づいていく事ができるかもしれません。

例えるならば、FWがDFの仕事をしても、DFほどうまくはできませんし、DFがFWのように攻撃ばかりしても、FWほど上手に点をとる事は難しいわけです。

サッカーでも活躍する選手の中には、元々DFだったのが、FWに転向してすばらしい結果を残した選手がいます。

もちろん、その逆もね。

自分にあったポジションで試合をした方が、自分の力を発揮しやすいのは当然ですよね。

 

また、選手が全員FWのチームだと、試合に勝てるでしょうか?

サッカーはバランスが大切なスポーツですから、点は取れても守れないチームになってしまいます。

相手が弱いチームであれば勝てるでしょうが、力らが拮抗するチームだと負けるかもしれませんね。

 

人は、心の中に4つのポジションすべてをもっています。

しかし、その割合が違うんです。

イメージしてみてください。

自分の心の中に、11人の選手がいます。

自分は監督です。

FWを何人、MF、DFを何人用意するでしょうか。

そして、GKはどのようなタイプを選ぶでしょうか。

 

どこを補強すれば強いチームができるのか。

試合に勝つためには、どのような戦略を立てるのか。

心の中にどんなサッカーチームを作るか。

攻撃的なチームを作るのか

守備に特化したチームを作るのか

バランスのとれたチームを作るのか

 

この「こころの中のサッカーチーム」がこころの成功を目指す「チーム戦略」となるわけです。

 

ここからは、これら4つのポジションの特徴を説明していきたいと思います。

 

7−1 能動的か、受動的か

サッカーの試合で、点を取りにいくのは主にFWやMFですね。

ボールに対して能動的に行動しますが、実際FWタイプ、MFタイプは、成功に対しても能動的に活動します。

自分からお客さんに積極的に接していったり、アプローチをしたり。

能動的にどんどん行動していきますので、FWタイプ、MFタイプは現実的成功をしやすいパターンと言えるでしょう。 

 

一方、DFタイプ、GKタイプは、ボールを奪いゴールを守るのがお仕事ですから、受動的な行動になります。

FW・MFタイプとは違い、動き回らず、待つ事を得意とし、お願いされたものをやっていくとうまくいく事を得意とします。

実はこちらのタイプの方が、心の成功を望む傾向が高いんですよね。

ページ TOPへ