カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

「誰にもわかってもらえない」と感じる心理1

誰にもわかってもらえない。

 

そう思うことって、ありませんか?

 

誰にもわかってもらえない、と感じたとき、こころの中は、いろんな感情が渦巻いています。

 

怒りであったり、孤独感であったり、さみしさであったり、欲求であったりね。

 

その根っこは「わかってほしい」という想い、これだけなんですよね。

 

ですので、誰かに「わかってもらえた」だけでも、こころはすごく楽になりますし、孤独感や怒りも大幅に緩和されます。

 

問題は「誰に」わかってほしいのか、ということです。

 

誰でもいいから、というのであれば、それはカウンセラーでも友人でもいいわけです。

 

でも、特定の誰かにわかってほしい場合、パートナーであったり、親や子供であったり、特定の友人であったりする場合、その「だれか」がわかってあげない限り、心のどこかでくすぶり続けてしまうわけです。

 

で、で、私のカウンセリングや講座を受けたことがある人は、もうお分かりですよね。

 

一番自分をわかってあげてないのはだれか?

 

そう、自分自身です。

 

誰にもわかってもらえないと、落ち込んでいても、自分だけは自分をわかってあげられれば、怒りやさみしさが持続することはないんですよね。

 

そして、誰かにわかってもらえなくても、孤独感やさみしさと向き合うことができるわけです。

 

「なんでわかってくれないの?」

 

そう思ったとき、まずは自分への問いかけが必要なんです。

 

自分はどれくらい、自分のことをわかってあげられているのか?

 

どれだけさみしかったのか

 

どれだけつらかったのか

 

どれだけ怒っているのか

 

どれだけ絶望しているのか

 

どれだけ愛されたかったのか

 

そのすべてを、まずは自分が受け止めてあげる必要があるわけです。

 

そうすれば、誰かに対して、素直に「わかってほしい」と言葉で言えるかもしれません。

 

もちろん、どれだけ努力しても、相手に理解する、わかってあげようとする力がなければ、わかってもらうことはできません。

 

その場合、選択になります。

 

その人に理解してもらうまで努力を続けるのか。

 

さっさと見切りをつけて、理解してくれる人のもとへ行くのか。

 

「わかってほしい」という欲求と向き合うだけでも、未来への選択肢は、がらりと変わってしまうんですよね。

 

次回に続きます。

ページ TOPへ