カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

苦手意識について

皆さんは、苦手なことってありますか?

 

私は、コミュニケーションが苦手です。

 

おっ、誰です、そこでうそつけって突っ込んでいる人は(笑)

 

今回は、苦手意識についてのお話です。

 

苦手意識というのは、たとえるならば、ウニが嫌いなんだけれども、食べろと言われたら、食べられないこともない。

 

こんな感じですね。

 

本人が苦手だと思っていることって、実際にはできないことではないわけです。

 

逆に、周りから見たら人並み以上にできていることも、よくあるわけですよ。

 

歌が苦手と言いながら、歌わせるとうまかったりね。

 

私のコミュニケーションも同じです(笑)

 

先日、友人と話をしていて気が付いたのですが、この友人、コミュニケーション能力が、ずば抜けてすごいんですよ。

 

それこそ、誰とでも一瞬で仲良くなれるみたいな。

 

でも、本人いわく「僕、コミュニケーション苦手やから」というわけです。

 

ウラツッコミしたことは言うまでもありません(笑)

 

そのおかげで、この講座が出来上がったわけです(感謝!)

 

苦手だなぁ、って感じるものって、実はできないことではないんですよね。

 

もちろん芸術方面ではそういうこともありますが、そうでない場合、大概がやりたくないだけなんですよ。

 

苦手意識がある、というのは、この「やりたくない」という気持ちが積極性を奪い、消極的な行動になってしまいます。

 

そして、多くの人が、「苦手=できない」と思い込んでしまっています。

 

実際にはできるわけですけど、「やりたくない=苦手」が本当なんですよよね。

 

さて、ここからが本題です。

 

苦手と感じているものを、ピックアップしてみてください。

 

そして、それらは、できないことではなくて、やりたくないことばかりではないか、という目で見てください。

 

もしそれが、やりたくないことであったならば、やればできることに変えることができるわけです。

 

そこで、「やりたくない」を「やってみてもいいかな」とかえるだけで、苦手がなくなっていきます。

 

苦手を克服するためには、「やりたくない」ことに気付くことです。

 

やりたくないことを、やってみてもいいかなという変化が起きれば、苦手は克服可能です。

 

ここまでやっても苦手なものは、本当に苦手なものです。

 

そして、やりたくないが、やりたくないままであれば、そこには問題が隠れています。

 

実はもう一つ、同じような言葉があります。

 

それは「難しい」です。

 

これも苦手意識と同様に、やりたくないと感じていることのほうが多いんですよね。

 

さて、皆さんは、やりたくないことはどれくらいありましたでしょうか?

 

その中で、一つでもチャレンジしてみようという人は、意欲のある方です。

 

意欲を持つことできれば、自分をよりよく変えることも、自分を成長させることもできます。

 

一度、お試しくださいませ。

 

ページ TOPへ