カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

自分が感じたものを信じる

ネットなどで検索をして、お店の情報を見ます。

 

評価が高いので、おいしいだろうと思って、その店に行きました。

 

食べてみて、それほどおいしいわけではない。

 

でもみんな(ネット)はおいしいといっている。

 

だとしたら、おいしくないと感じる自分がおかしいのではないだろか?

 

で、友人から

「あのお店行ったんだって? おいしかった?」

 

ときからたら、どうこたえるでしょう?

 

「うん、まあまあ」

とか

「まあおいしかったと思う」

とか、いうかもしれませんね。

 

「いや、あのお店、ほんとおいしくなくてさぁ。もう二度とはいかないね」

という人もいるかもしれません。

 

多くの人は、あいまいな答えでお茶を濁すかもしれませんね。

 

よくありそうな話です。

 

日本人の心理として、行列ができていると、おいしいと思い込んでしまったり、みなと意見が違うことが、いけないことだと感じてしまったりすることがあります。

 

匿名性の高いところでは、思いっきり毒を吐いたりする人もいますよね(笑)

 

でも、それも誰かが毒を吐いているから、便乗して、というのも多いんですよ。

 

以前、大学でグループ発表があり、みんなで話し合って、わら半紙に内容を書き、私が発表をしたのですが、その時に、私の発表にかみついてきた人がいました。

 

まあ私の言っていることに揚げ足を取ってきたわけですが、それはいいんですよ。

 

討論することは大切ですからね。

 

ただ、私とその人が意見を交わしている後ろで、私にヤジを飛ばしている男性がいたんです。

 

正直、討論よりも、ヤジを飛ばしている男性に興味がありましたね。

 

私と決して目を合わさない。

 

ヤジを飛ばすと、すかさず存在感を消そうとする。

 

これが心理学の授業ですから、面白いですよねぇ。

 

まあ、先生は私と討論している人とが白熱し始めていたので、あわてて止めに入りまして、それはそれで面白かったんですけどね。

 

あのころは私も若かったよなぁ・・・

 

おっと、本題からずれてしまった(笑)

 

みんなと同じだからいい、みんなと違うからいけない。

 

これはどちらも、正しいわけではありません。

 

ただの世の中を渡っていく処世術です。

 

自分が感じたものを信じてあげる。

 

おいしいと感じたら、それは自分にとっておいしいし、おいしくないと感じたら、自分にとってはおいしくない。

 

自分が感じたことを、自分で否定するのは、結果自分自身をしんどくさせてしまいますからね。

 

それを表現するかどうかは、選択できます。

 

ですが、自分が感じたことそのものを、否定しないでください。

 

否定し続けると、自分自身も否定していってしまいますからね。

 

違うことは、悪いことじゃない。

 

違いを受け入れられないことが、問題なんですよ。

ページ TOPへ