カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

信じれば叶うかどうかの実験

信じれば叶うかどうかの実験

 

それは、約2週間前のことでした。

 

師範の先生から「9月8日、エイサーの依頼演奏があるけど、出れます?」

 

9月8日といえば、平日じゃないですか!

 

しかも演奏開始は午後6時59分。

 

どれだけ頑張って移動しても、会場に到着できるのは6時45分。

 

ぎりぎり間に合うかどうか、という非常に瀬戸際なお話です。

 

電車さえダイヤ通りに動いてくれれば、なんとか参加できそうな感じではありますが、さて、着替えの時間がないぞ。

 

などといろいろ考えましたが、一応参加する方向で、先生にはお伝えしたわけです。

 

ま、私自身が「必ず間に合う」と心から信じれば、間に合うでしょう。

 

さあ、心から信じたことが、現実になるのかどうか。

 

私の人体実験が始まります。

 

当日に向けて、できる限りの準備をします。

 

路線図の確認や、演奏会場までのアクセス方法など、下調べは万全にしました。

 

周りの人に根回しも忘れません。

 

最悪、一番ぎりぎりの電車の時刻も確認したりしてね。

 

当日、朝から衣装を着こんで移動することも決めました。

 

で、いざ当日になりますと、朝いきなり太ももがつったりして(笑)すでに波乱の予感です。

 

また、昼の派遣の仕事がイレギュラー続きで、息つく暇すらない!

 

このままでは残業もやむなし、という状況にまで陥ったのですが、ここでも、自分のできるすべての能力を使って、なんとか乗り切ることができました。

 

無事派遣先を出発し、駅まで猛ダッシュします。

 

無事予定の電車に乗り、乗っている間に小物を体に装着していきます。

 

電車の中で地下足袋を履いたりしましたよ(笑)

 

どれだけ周りの人に嫌な顔をされたことか(笑)

 

池袋の駅に着き、今度はそこから会場までダッシュです。

 

会場に着くまでにすでに汗だくの状態。

 

ついて早々、仲間が細かい変更点を練習していたので、速攻で着替えをして、変更点を教えてもらいます。

 

で、無事参加することができました。

 

当初予定していたよりも、2本早い電車に乗ることができ、ダイヤの乱れもありませんでしたからね。

 

人間、やればできるものです。

 

こころからできると信じる。

 

私たちカウンセラーは、これをコミットメントといいますが、コミットメントすると、自分が望む未来をかなえるために、惜しみない努力をするわけです。

 

間に合うためにはどうすればいいか

 

間に合うためには何ができるか

 

このとき、どうしよう、という言葉は出てこないんですよね。

 

「できることは何か」を考え始めたとき、それはもうコミットメントが始まっておりわけです。

 

以上、人体実験劇場、これにて終了です。

 

お粗末<(_ _)>

ページ TOPへ