カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/9/21 買い物/営業の電話

買い物

スーパーで買い物をしているときでした。

 

店の中をうろうろしていて、ある時ふと、横のあたりでがさっと音がしたんですね。

 

なんだと思って音のしたほうを向いてみても、誰もいない。

 

なんだろう?

 

かごの中をふと見ても、惣菜とドリンクが入っているだけ。

 

まああまり気にもとめずに、そのまま買い物を続けていたわけです。

 

で、いざ会計に行く前に、かごの中をのぞいてみたら、なぜか同じ惣菜が二つ入っていました。

 

あれぇ、同じ惣菜2個も入れたっけ?

 

疑問に思いながらも、二つも惣菜はいらないので、一つを返しました。

 

で、会計中に、

 

もしかして、あの時のがさっていう音。

 

誰かが私のかごに、惣菜を入れたんじゃないだろうか?

 

と思ったわけです。

 

もちろん、自分がうっかりしてて、二つ入れた可能性もあります。

 

第一、   かごに惣菜を入れられる覚えがありませんからね。

 

まあ、今日は自分がうっかりして、二つ惣菜を入れてしまったということで。

 

でも、勝手にカゴに入れられたり、抜かれたりしたら、怖いですなぁ。

 

営業の電話

いろいろとメディア展開しておりますと、とにかく多いのが営業の電話です。

 

カウンセリングの電話より多い(いや、それは問題でしょう)

 

正直、うんざりします。

 

儲けようと思っているんだったら、こんなやり方してないっちゅうねん!

 

私がしていることは、ことごとく儲けたいならしてはいけないことだらけですからね(笑)

 

なぜかって?

 

集客のためのノウハウが、嫌いだから。

 

集客ノウハウを全く使ってないわけではないんですよ。

 

私がやっていないやり方は、私の気性に合わないか、私から見たらコールドリーディングに見えてしまうわけです。

 

皆さんがそれを使う分には、一向に構わないんですよ。

 

個人の選択ですからね。

 

ですので、ノウハウ自体は、私も人に勧めたりします。

 

でも、私はやらない。

 

私にとって、それはクライアントさんに対して、なにより自分に対して「嘘をつく」気持ちになるから。

 

まあ、私が頑固なだけです(笑)

 

それで追い込まれて、存続自体が怪しくなっているというのにね。

 

でも、自分を偽ってでも、カウンセリングを続けようとは思わないのでね。

 

自分にうそをつかない自分でありたいと、日々のた打ち回っているわけです。

 

結果、それがクライアントさんたちに対する、信頼になっていると私は感じていますからね。

 

まあ、例外なく、いろんなものを清算するときが来ているようですので、この先どうなっていくのか、流れに身を任せながら、経過を見守っていきたいと思いっております。

 

ページ TOPへ