カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

嫉妬されやすい人の特徴

嫉妬の原理は、皆さんご存知ですか?

 

嫉妬は、相手のいいところと、自分の悪いところ比較して、相手に勝てない自分にコンプレックスを持ち、相手を羨み、ねたみ、嫉妬していくわけです。

 

たとえば、bさんがaさんに対して、

 

Aさんは私がほしいと思っているものをすべて持っている。

私がどれだけ努力しても手に入らなかったものを、全部手に入れている。

 

となったら、bさんはAさんに嫉妬するかもしれないわけです。

 

で、嫉妬したBさんは、Aさんに対して、どのような行動をとるのか。

 

大概、攻撃的、威圧的になったりします。

 

理不尽なことでからんできたり、Aさんだけを標的にしてダメだししたり、感情的になったりするわけです。

 

嫉妬の怖いところは、嫉妬している本人が、嫉妬していることに気付いていないことです。

 

恋愛がらみであれば、嫉妬していることに気付くことがあるかもしれませんが、恋愛以外は、意外と嫉妬心を見落としやすいんですよね。

 

逆に、特定の人から、いやに感情的になられたり、ダメ出しばかりをされたり、自分だけが叱られてばかり、なんてことがある人は、相手から嫉妬されている可能性があるわけです。

 

もちろん、必ずしも、というわけではありませんけどね。

 

嫉妬されやすい人、というのは、実は、自己肯定感や自己価値が低い人、だったりすることが多いです。

 

まあ、エナジーヴァンパイアにエネルギーを持って行かれてしまう人や、ハラスメントを受けてしまう人も、自己価値や自己肯定感が低い人だったりします。

 

自己肯定感や自己価値が低い。

 

実はこれ、メリットがたいしてないんですよね。

 

デメリットのほうがはるかに多いんですよ。

 

でも、自己肯定感や自己価値が低い人は、低い状態であるほうが、メリットがあると思っているわけです。

 

実際には、勘違いしている、というほうが正確でしょうね。

 

なぜそうなってしまうのかは、2つあるんですよ。

 

一つは、先天的な理由。

 

もう一つは、後天的な理由です。

 

先天的な理由というのは、単純に親が自己肯定感や自己価値が低くて、それをそっくりコピーしてしまったケースになります。

 

後天的な理由は、生後の生活環境や人間関係など、自分が置かれた周りの環境による影響によって、自己肯定感や自己価値が低くなってしまったケースです。

 

通常は、この両方が混ざり合っていることが、ほとんどなんですけどね。

 

先天的な理由と、後天的な理由とでは、問題を扱うときのアプローチが違います。

 

ですので、誰かがこのやり方でうまくいったから、自分も同じやり方でうまくいく、とは限らないわけです。

 

たとえるならば、ごま塩のゴマと塩を分ける、みたいな作業が必要なんですよ(笑)

 

アプローチの方法を知りたい、と思われた方は、ぜひ私のカウンセリングを、ご利用くださいませ。

ページ TOPへ