カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

誰に相談する?

悩みがあるとき、ほとんどの方は、家族や友人、パートナーなどに相談すると思います。

 

その選択肢の中に、カウンセラーもあるわけです。

 

では、ここで質問。

 

カウンセラーは、誰に相談するのでしょう?

 

実際には、家族や仲間、ほかのカウンセラーの先輩や先生などに、相談したりします。

 

セルフカウンセリングという方法もありますが、残念ながら万能ではありませんのでね。

 

なぜなら、自分が知らないことは、答えを導き出せないからです。

 

当たり前ですよね。

 

例を一つ

 

部下が上司に弱音を吐くことができますよね。上司を信頼していれば。

 

では、上司は部下に弱音を吐けるでしょうか?

 

愚痴、という形であれば、可能かもしれませんね。

 

では、上司の上司は、どこに弱音を吐けばいいでしょう?

 

部長は?役員は?そして社長はどうすればいいんでしょうね。

 

立場が上になればなるほど、権威や影響力が大きくなればなるほど、弱音って、吐きにくくなるんですよ。

 

なぜなら、自分の発する言葉の影響力が大きいですからね。

 

ただの愚痴が、愚痴で済まなくなってしまうわけです。

 

こんな時、必要なのが、弱音を吐ける相手。

 

つまり、心を許せる相手、といったほうがいいですかね。

 

自分の弱さを人に見せる、というのは、すごく抵抗があります。

 

特に、精神的に自立された方はね。

 

この人になら、自分の弱さを見せても大丈夫、という信頼のおける人にしか、弱さを見せられないんです。

 

なぜかって?

 

それは、自分の弱さは「アキレスのかかと」になるからです。

 

つまり、一番の弱点ということですね。

 

ここに私の弱点がありますよ~。

 

なんて率先して言う人、いないでしょ。

 

弱点だから、他人に悟られないように、必死に隠すわけですよ、普段は。

 

しかし、弱点というのは面白くて、誰かには知っていてもらいたい、わかってもらいたい、という気持ちもあるんですよね。

 

で、最も信頼する人にだけ、自分の弱点を見せるわけです。

 

一般的に、弱点を見せる相手は、パートナーが理想的ではあります。

 

ところが、パートナーにすら弱点を見せられない、という人も多いんですよ。

 

この場合、友人やカウンセラーのような第三者になるわけですが、ここで、愛人という場合も、男性の場合は出てきたりします。

 

それだけ、男性は弱さを見せることに、女性以上に抵抗がある、ということです。

 

女性のみなさん!

 

あなたのパートナーは、ちゃんとあなたに弱音を吐いていますか?

 

パートナーの弱音は、甘えたい欲求でもありますからね。

 

そんなときは、めんどくさいですけど、ちょっと甘えさせてあげることも、たまには必要ですよ。

ページ TOPへ