カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/8/30 ほらーなお話 決して怖がりさんは見ないでください

 

 

この間、突然友人から

 

「中原って、霊感とかある?」

 

と聞かれました。

 

いきなりでしたから、さすがの私も面食らったのですが

 

「私は霊感ないけど、何度か見たことある」

 

と返したんです。

 

そしたら

 

「それって、あるってことやん(笑)」

 

と、見事な突込みが帰ってまいりました(笑)

 

なにせ、今まで私の周りにいた人たちが、すごすぎましたからねぇ。

 

私の昔の友人、ほぼ全員が、いっぱしの霊能者レベルの「見える人たち」でしたから、そんな人たちに比べれば、私なんて大したことないです。

 

それに、実際に例に遭遇しても、びっくりするだけで、あまり怖いと感じなかったんですよね。

 

というわけで、体験談を一つ。

 

昔、東京のとある場所にあった、面談ルームでのお話です。

 

その面談ルームは、3LDKの広さで、二部屋とリビングを面談カウンセリングに使っていたのですが、一部屋だけ、音漏れの関係で、使っていなかったんです。

 

で、この部屋を、出張カウンセリングに来たカウンセラーの宿泊部屋にしたわけです。

 

ところが、そこで、宿泊したカウンセラーから、次々と苦情が寄せられるようになったんです。

 

あの部屋で寝ると、体調を崩す。

 

絶えず人の気配がする。

 

などなど。

 

私もこの部屋で転寝してしまったことがあって、起きたら以上に身体が冷えてて、だるいわけです。

 

たった1時間で、体調を崩してしまったんですねぇ。

 

で、ある人が調べたところ

 

ちょうどトイレからその部屋に向かって、霊道が通っているらしく、霊がちょいちょい通過するんだとか。

 

で、その部屋で寝ていると、道端の石と同じように、霊に踏まれるんだとか。

 

実際に、リビングに寝泊まりした時に、夜中近くになると、廊下を横切る人影が、何回も見えるんですよね。

 

確認しに廊下を見てみると、当然誰もいない。

 

そんなのが毎日だったわけです。

 

毎日見ていて、かつ空き部屋に寝さえしなければ、全く害がないということで、私なんかすっかり慣れちゃって、みんなが嫌がる面談ルームに、普通に寝泊まりしてましたからねぇ。

 

今はもう、その面談ルームはありませんよ(笑)

 

けれど、なかなかに面白い体験をさせていただきました。

 

教訓

 

怖いときは、怖がっちゃダメ。

 

好奇心を持つか、怖さと向き合うと、怖くなくなります。

 

ただし、下手に心霊スポットなんかに行かないようにね!

 

危ないところは、ほんとに危ないから。

 

ページ TOPへ