カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/8/28 選択と、挑戦と

実はここ最近、リーダーシップに関して、自信を失っておりました。

 

今でもないですけど(笑)

 

自分の人生を振り返ってみても、リーダーに推挙されることや、リーダーシップをとることはたくさんあったわけです。

 

自分が望むと望まざるとにかかわらずにね。

 

で、望んだリーダーシップのすべてが、ことごとく失敗しているわけですよ。

 

となったら、自信を失うのって、当然だと思うわけです。

 

それでも、周りからは、相変わらずリーダーシップを求められるわけです。

 

先日、三線教室で、練習を終えて帰ろうとしたら、とある師範の先生に呼ばれて、突如マンツーマンレッスンが始まったんです。

 

その時、先生が

「リーダーは皆、自分のこだわりを持っている。中原さんも、もっとこだわって演奏しないと。リーダーになる人なんだから」

 

といわれてしまいました。

 

いやいや、私、リーダーになるなんて言ってませんし(笑)

 

こんな感じで、師匠や師範の先生からは、私のあずかり知らないものを期待されているわけです。

 

まあ、ここが分かれ道なんでしょうね。

 

いやいや、今まで一度もうまくいかなかったら、今度もきっとうまくいかない。

 

と思うのか

 

今度こそは、失敗の壁を乗り越えてやる

 

と思うのか。

 

確かに、一つのヴィジョンはあるんですよ。

 

三線・エイサーの教室を、神戸に作る、というね。

 

そのためには、リーダーになるしかない!というのもわかっているんです。

 

そして、今の自分に何が欠けているのかも、わかっているんですよ。

 

欠けている状態で、挑戦しなければいけない。

 

タイヤが一つパンクした状態で、自転車をこぐような感じですね。

 

相当なテクニックが必要なわけです。

 

そして、乗り心地の悪さに耐える忍耐力もね。

 

それがわかってて、なおチャレンジするかどうか。

 

たぶん、チャレンジするんでしょうねぇ、私は。

 

どうしてこう、楽な道を選ばずに、茨の道ばかり、あえて選ぶんでしょうねぇ。

 

趣味にしても、仕事にしても、恋愛にしてもね。

 

先日、神戸の友人にも「中原は普通やないんよね。個性的?というのかな、自分のカラーが出来上がってる感じ」といわれました。

 

とうとう友人にまで言われてしもた・・・。

 

ここまできたら、もう一生チャレンジ人生を選択するしかない、ということになりそうです(笑)

 

さて、次はどんなチャレンジをするのやら、ちょっと自分が怖かったりする、今日この頃でした(笑)

 

お粗末<(_ _)>

ページ TOPへ