カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/8/11  神戸夏休み日記④ ちょっとまじめな話・・・なんですけどねぇ・・・。

さて、3日目になりまして、神戸でゆっくり、という当初の面影は既になく、なかなかにハードなスケジュールをこなしているわけですが、実家に帰って必ず行くところがあります。

 

温泉です。

 

実家から徒歩10分。

 

ここで温泉につかり、疲れを癒すわけです。

 

しかし、神戸についてから、汗がすごいんですよ。

 

ちょっと動いただけで、ダバダバと汗が出てきます。

 

東京じゃ、低体温症なのにね。

 

やっぱ、神戸の気候が肌に合っているのでしょうか?

 

で、今日はどちらかと言うと、ちょっと重い話。

 

温泉から帰ってきて、父親と二人きりになる時間がありましたので、そのときに、父親が終活について、話をしてきたんです。

 

まあ、間違いなく10年後にはいなくなっているであろう父が、これからの事について、私に話をしてくるわけですよ。

 

遺産相続や、自分がいなくなった後の、家族の事について、ね。

 

正直、父の身体の衰えは、帰ってくるたびに進んでおり、私自身、いろんなことを覚悟するときが来た、という感じですね。

 

当然ですが、家族より先に自分がいなくなっては大問題ですから、私自身、皆よりも長く生きるために、真剣に考えなくてはいけないわけです。

 

実際、同窓会でも、この手の話はちょくちょく出るんですよね。

 

そんな世代になった、というわけです。

 

私自身、神戸に戻るのか、東京と神戸の二重生活をするのか、いろんな事をシミュレーションするわけですよ。

 

本当に、いろんなことに対して、覚悟を決めていく時期が来たんですねぇ。

 

もう一つ

 

以前の同窓会で聞いた話で、恩師の先生が、病気で入院生活をされているわけですが、そのお見舞いをみんなでしようという話になっていたんです。

 

その日程が、9月に決まりました。

 

正直、いつ逢えるかわかりませんし、これが最後になるかもしれませんしね。

 

お世話になった先生ですから、きちんと挨拶はしておかないと、ね。

 

今回の旅は、別れのための準備、なのかもしれませんねぇ。

 

で、このコラムは神戸のド○ールで書いているわけですが、こんな重い話を書いている目の前で、坊主頭のおっさんが座って、エロ雑誌(風俗店情報系)を読んでいるんですよ(笑)

 

本人は隠して見ているつもりでも、私の座っている角度から丸見え(大笑)

 

こんな所で読まなくてもねぇ。

 

なんか、深刻に悩む事自体が、それを見てばかばかしくなってねぇ。

 

真剣には考えますが、深刻には悩まない事にしました。

 

今からでもできる事はあるし、これからできることも、たくさん出てくるかもしれない。

 

自分のできるベストを尽くせばいいか、と、最後はかる〜く締めくくってみました。

ページ TOPへ