カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/8/7  ともだち/自分の価値

ともだち

今回、夏休みの帰省で、友人が食事に誘ってくれました。

 

まあ人から食事に誘われる事なんて滅多にありませんから、今回の帰省はすごく楽しみだったんです。

 

で、待ち合わせ等のやり取りをしていて、ふと気がついたこと。

 

東京の私には、仲間や知り合いはたくさんいるけど、ちょっと食事に行くとか、遊びにいく友達って、今は誰もいないんだなぁって。

 

例えば、三線仲間と宴会したり、受講生さん達とお茶したり、というのはありますが、純粋に対等の友達として、ただお茶を飲みにいく。

 

そういう人って、東京で一人しかいない。

 

あらら、私って、孤独な東京ライフ過ごしているんですねぇ。

 

自分でも気がつかなかった(笑)

 

かといって、神戸に住んでいたらしょっちゅう遊びにいくのかと言えば、そんなことはなく。

 

おそらく、誰からも誘われない毎日を過ごしていた事でしょうね。

 

別に、一人が好きとか、一人でいたいとか、引きこもっているとか、そんな事はないんですよね。

 

ただ、人と関わる事に、ためらいがあるんですよね。

 

私は、非常に影響力が強い人間ですから。

 

私に影響をうけて、よくなるのであればいいわけですが、必ずしもいい影響ばかりがあるわけではない。

 

影響が強すぎて、悪い影響が出てしまったりする事もあるわけです。

 

で、自然と人との集まりに距離をとるようになっちゃうんですよねぇ。

 

すごく刺激の強い食べ物みたいですね(笑)

 

 

自分の価値

最近、友人の言葉に元気づけられております。

 

別に、元気がなかったわけではありませんが(笑)

 

ただ、友人と他愛のないメッセージのやり取りをしているだけなのですが、やり取りが終わった後、すごく気分がよくなっている自分に気が付くわけです。

 

この友人、天然のヒーラーさんなんだねぇ。

 

当の本人は、絶対に認めませんでしたけどね(笑)

 

何かをしなければ、人はいやせない。

 

そんなことはないんですよね。

 

ただ、そこにいてくれるだけで、心が安定したり、安心したり、楽しくなれたりする。

 

これだって、立派な癒しなんです。

 

昔、二人の友人から言われたことがあります。

 

「わしら二人は、中原おるから集まるんであって、中原抜きの二人で会うことってないよなぁ。」

 

私がどう二人のことを思っていようが、この二人の友人にとっては「私」という存在そのものに、ちゃんと価値をみてくれていたんですね。

 

意味がないと感じることが、癒しになることもある。

 

夫婦においても、意味のない会話が多いかどうかが、意外と良好な夫婦生活に関係があったりしますからね。

 

いけないことは、意味がないと思い込んで、意味のないことを否定してしまうこと、なのでしょうね。

 

実感がわかないと、それは意味がないものと感じたり、価値を見なかったりするわけですが、実感がわかなくても、価値を感じなくても、相手にとってそれが意味があることだったりするわけです。

 

自分に意味や価値がない=あいてにとっても、意味や価値がない

 

わけではありません。

 

人が自分の何に価値を見出すのか。

 

それは、自分で決めてはいけないことなのかもしれません。

 

人が見る自分のよい評価は、ちゃんと受け取りましょうね。

ページ TOPへ