カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/7/23  密やかな決め事

三線を習っておりまして、自分でひとつ、決めていることがあります。

 

それは、年に最低1曲、ちょっとレベルの高い曲を弾けるようにしよう、というものです。

 

昨年は、とある難易度の高い曲を、1年をかけて、何とかその曲が形になるところまでもっていくことができました。

 

で、今年は、もっと難しい曲にチャレンジ・・・と思っていたのですが、それよりも、自分が好きな曲にチャレンジしてみようと思ったわけです。

 

この曲を選んだもうひとつの理由。

 

おそらく、エイサーをしている限り、演奏する機会がないからです。

 

エイサーをしなければ、演奏できるわけですが(笑)

 

エイサーも、いつまでもできるとは限りませんのでね。

エイサーができなくなった後、演奏のほうに回れるように、今から準備をしておこう、というわけです。

 

もっとも、三線自体が、いつまで続けられるか微妙、というところもありますが(笑)

 

先日、三線教室で飲み会があったときに、ほぼ同時期に三線をはじめた仲間が、私のことを

 

「一番うまい」「若手(?)のエース」などと私を持ち上げるわけですよ。

 

持ち上げたって何にもでないのに、なんて思っていたら、結構な人たちからそう思われているらしく。

 

その理由が「耳がいい」ということなんですって。

 

三線に限らず、弦楽器というのは、音を調節する「調弦」が、すごく大事なわけです。

 

ところが、三線を習いに来ている人たちは、まずこの調弦で、四苦八苦するわけですよ。

 

私は長い間音楽をやっていましたからね。そのあたりは、大して苦にならないわけです。

 

経験者ゆえの、役得というやつですよ。

 

ただねぇ、なんで私は、過大評価されやすいんでしょうねぇ。

 

そんなにできるように見えるんだろうか?

 

態度がふてぶてしいから?(笑)

 

まあそれはともかくとして、なかなかにレベルの高い曲にチャレンジをしていくわけですが、こういう時って、楽しいんですよね。

 

自分が成長していくプロセスが、ダイレクトに感じられますから。

 

そう考えたら、私は結果云々よりも、そのプロセスをすごく楽しむ人間なんだ、ということになりますねぇ。

 

おそらく、心も、成長していくプロセスそのものが楽しいのであって、結果は結果。

 

どのような結果になっても、プロセスが楽しければ、それでいいと考えてしまう。

 

結果重視の人とは、まったく正反対の考え方をしている、ということですね。

 

まあ、プロセスを重視しようが、結果を重視しようが、楽しいことが一番大切ですから、どんどん自分を楽しませていこうと思っております。

ページ TOPへ