カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

エレクトラコンプレックス

皆さんは、エレクトラコンプレックスというのをご存知でしょうか?

 

男性であれば、エディプスコンプレックス

 

女性であれば、エレクトラコンプレックスとなるわけです。

 

で、今回はエレクトラコンプレックスいついて、ちょこっとお話ししたいと思います。

 

小さいときに、女性は3つの段階を踏むんです。

 

パパにはついているのに、どうして私にはついていないの?

 

1 男の子のように振る舞えば、生えてくるんだ

 

2 私はお父さん属じゃなくて、お母さん属なんだ

 

3 私は欠陥品なんだ

 

これで、エレクトラコンプレックスの下地が出来上がります。

 

この段階で、親から愛された、という実感を持つことができれば、自己価値の高い子(自信を持った子供)になりますし、愛されたという実感をもてなかった子は、自己価値の低い子(自信のない子)になる傾向があります。

 

 

自分の自己価値がちょっと低いかも、と感じた人は、大切なことに気がついていないだけかもしれません。

 

自分が欲しい形で、愛情が与えられなかったから、自分は愛されていないと感じたわけですが、本当は、親から、自分が望む形以外で、たくさんの愛情を与えられているわけです。

 

ただ、自分の欲しい形でなかっただけ。

 

これは、親が精神的にまいってしまったり、余裕がなかったり、夫婦間が険悪だったりすると、子供が望む愛情の形からずれてしまう恐れがあるかもしれません。

 

そして、親は、子供への信頼が子供への期待に変わってしまって、言わなくてもわかるでしょ、となるのかもしれませんね。

 

 

解消策としては、基本的に腹をわって話し合う事、時間をかけてお互い言いたい事(本音)を言い合う事が必要でしょうね。

 

ただし、自分の本音を、自分自身が気づいていないと、なかなか本音は話せないですし、本音を話す、というのは、意外と勇気がいることでもあります。

 

 

そして、親子とも、自己価値が低い場合もありますから、この場合はどちらかが自己価値をあげていく事で、相手の価値を上げる事もできると感じます。

 

 

ポイントは、相手の気持ちを受け止め、そして、相手のハートに届く言葉を、かけ続けてあげることでしょうね。

 

わかってもらえた、と相手が感じられただけでも、充分な成果ですからね。

 

これがうまくいかないときは、相手が自分と向き合うことができないといえるでしょう。

 

その場合、向き合えるようになるまで、あえてこの問題に触らない、という選択もありです。

 

特に相手が親の場合はね。

ページ TOPへ