カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

みんな誰かに支えられている

赤ちゃんが初めて自分の足で立つ瞬間。

 

お子様を持つ親であれば、皆が体験していることですよね。

 

もちろん、自分たちも赤ちゃんの頃、同じように、初めて自分の足で立ちあがった瞬間があるわけです。

 

多くの親はそのことを喜んでくれます。

 

ここで、ちょっとした質問。

 

赤ちゃんが立ち上がるとき、たいがい何かにつかまりながら立ち上がっていくと思います。

 

何の支えもなしに、突然すくっと立ち上がる赤ちゃんって、いるのでしょうか(笑)

 

まあいないことはない、と思います。

 

親に聞いたら、私は突然すくっと立ち上がったそうです(大笑)

 

こんな小さいころから自立しなくてもねぇ(笑)

 

今回はこのような特殊ケースではなく、普通に赤ちゃんが立ち上がる時を観ていただきたいわけです。

 

大人である私たちも、疲れていたり、けがや病気をしていたりしているときに、立ち上がろうとすれば、何か支えを必要とします。

 

支えがあることで、立ち上がることができるわけです。

 

こころも同様、というのは、皆さんもうわかりますよね。

 

落ち込んだり、傷ついたり、絶望したり、人生いろんなことでこころは倒れこんでしまうわけです。

 

そして、再び心は立ち上がろうとするわけですが、やっぱりこころが立ち上がるためにも、支えって必要なんですよね。

 

それは倒れたときだけではなく、倒れそうになっているときも同じ。

 

自分を、自分のこころを支えてくれる誰か、何かがあれば、立ち上がることは大変であっても、不可能ではなくなるわけです。

 

しかし、支えがない状態では、立ち上がれなくても立ち上がれない、ということもあるわけです。

 

自立というのは、自分の足で立つこと、でもあるかもしれません。

 

だからといって、何の支えもなしに立つこと、これはものすごく大変なことです。

 

人は、必ず誰かに支えられて生きている。

 

同時に、自分の存在が、誰かの心を支えている。

 

私はそう感じています。

 

それは家族かもしれないし、愛する人かもしれない、友人かもしれない、アイドルや二次元かもしれない、趣味かもしれない、旅行や食べ物もしれない。

 

人によって、何がこころの支えになっているのか、みんな違うわけです。

 

誰かに支えられている。

 

そう感じることができたあなたは、きっと誰かを支えています。

 

心理学では、自分がされていることは、自分がしていること、というのがあります。

 

誰かに支えられていると感じられたのであれば、それは、自分が誰かを支えてきたことが、廻り廻って、自分に還ってきた、それだけのことかもしれません。

 

誰かが、あなたを支えてくれている。

 

誰かを、あなたが支えている。

 

自分の周りをよく見まわしてみてください。

 

そこには、たくさんの支えが、ありますからね。

ページ TOPへ