カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/7/3 リーダーシップのタイプについて

喫茶店でコラムをつれづれなるままに書いていたら、隣のカップルの声が聞こえてきます。

 

新聞を広げながら、あーだこーだと話しているんですよね。

 

そういえば、今日は都議会議員選挙でした。

 

どうやらご夫婦のこの二人、真剣に誰に投票するか打ち合わせをしているようでした。

 

若いのにちゃんと国民の義務を果たしているなぁ、と感心しながら、このコラムを書いております。

 

この数日間、町を選挙運動している人をたくさん見かけました。

 

政策を訴え、自分の思いを伝え、みな一生懸命です。

 

まあ当然ですよね。

当選するかしないかで、これから数年間が決まってしまうわけですから。

それは個人だけではなく、私たちの生活もね。

 

政治家に限らず、リーダーシップを求められる仕事や立場はたくさんあります。

先日、友人とお話をしていて、リーダーシップについてのお話しになりました。

 

リーダーシップには2種類あります。

 

それは、プッシュ型とプル型です。

 

「俺についてこい!」という皆さんがイメージするリーダーシップは、プル型ですよね。

 

引っ張っていくのは、強いリーダーシップが必要になりますからね。

 

実際皆さんが求めているリーダーシップもこの形が多いのでしょう。

 

で、もう一つのリーダーシップがプッシュ型です。

 

これは、リーダーが先頭に立つのではなく、みんなを押し出してそれぞれのリーダーシップを発揮させるやり方です。

 

実質リーダーはバックアップに回り、みんなをフォローし、後ろで支えてリーダーシップを発揮します。

 

さて、私の場合はどうでしょう?

 

多分私は、両方できるんでしょうね。

 

自分がプル型になってみんなを引っ張る事もできるし、プッシュ型になってみんなを押し上げる事もできる。

 

どちらにも一長一短があります。

 

プル型は成長速度が速く、ついてくる人もついていきやすいのですが、実は人が育ちにくいんですよね。

 

リーダーに依存しちゃうから。

 

そして、リーダーが意見を聞かなくなったりすると危険ですし、リーダーに意見する人がいなくなるという問題も生じます。

 

プル型は目立たない分だけリーダーの評価が低く、全体が緩やかな進み方になります。

 

そして、リーダーが目立たない分だけリーダーを見下す、なんて事もおこります。

 

どちらがいい悪いではないんですよね。

 

今の自分にどちらが合っているか、なんですよね。

 

私はよく、プル型のリーダーシップを求められてきました。

 

ただ、苦手だったんですよね。

 

だからプッシュ型のリーダーシップをとっていたわけです。

 

さ、ここからが私がよくいう言葉ですよ。

 

やってこなかった事はいつかやらされるんです。

 

案の定、今両方やってます(笑)

 

でも、以前のようにやりたくない気持ちはないんですよね。

 

それは自分にリーダーとしての自覚が出てきたのか、自分のヴィジョンがはっきりしたのか、どれかはわかりません。

 

ただはっきりとわかっている事は、守りたいものができたから、というのはあります。

 

リーダーは守るべきものが明確になると強いですよ。

 

もともと男性性というのは、「守る」「助ける」ための力ですから、自分の守るべきものが明確になりさえすれば、その力は遺憾なく発揮されます。

 

守るために全力で前に出る。

 

いいじゃないですか。

 

やってやろうという気になります。

 

私がリーダーとして皆様にどう評価されるのか。

 

それは正直なところわかりません。

 

喜ばれるかもしれないし、いやがられるかもしれない。

 

それでも、守りたいものがある限り、全力で取り組んでいきます。

 

そして、皆様のリーダーシップによって、私はずいぶんと守られてきました。

 

リーダーを支える、守るというのもまたリーダーシップなんですよね。

 

お互いのリーダーシップがお互いを成長させる。

 

まだまだ発展途上のリーダーですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

なんか政治家みたいな閉め方になっちゃいました(笑)

ページ TOPへ