カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/7/1 世の中狭いねぇ。

先日のお休みに、友人からヘルプの連絡がありました。

 

参加人数が少ないので、ぜひ講座に参加してください。

 

正直、用事があったのですが、そこまで困っているのであれば、ということで、参加することにしました。

 

場所は喫茶店の個室。

 

カードを使ったリーディングの講座でした。

 

講師の方が説明を始めるわけですが、聞いていて大笑いしそうになりました。

 

その講師の方の師匠の師匠が、私の師匠の師匠と同じ人だったんです。

 

つまり、大元は全く同じ心理学をベースにしている、ということになります。

 

カードは講師の方がオリジナルで作ったもので、カードをひいていくだけで、隠れていた深層心理が読み取れるというものでした。

 

そのカードに書かれている言葉は、私にとってはなじみの深い言葉ばかり。

 

そりゃあ、元が同じですから、言葉も共通の言葉になってきますよねぇ。

 

で、カードをひいただけで、自分の心理なんていとも簡単に読み取れるわけですよ。

 

私にとっては、これはなかなかに便利な代物だなぁ、と感じたわけです。

 

なぜなら、私たちがカウンセリングで説明するよりも、カードをひいた人が、言葉から自分の深層意識にアクセスしていきますのでね。

 

細かい説明が要らないわけですよ。

 

言葉をどう解釈してもいいですしね。

 

これはよくできているなぁ、と感じたわけです。

 

同時に、こんなことも感じました。

 

これは、私が使うと、危険かもしれないなぁ。

 

なぜって?

 

私がこんなカード使うと、それこそあっという間に、心の一番深い部分まで一気に突入してしまいますからね。

 

通常なら時間をかけて、海へダイビングするところを、それこそ一気に50メートル素潜りするようなものですからね。

 

まあ手加減すればいいだけなんですけどね(笑)

 

最近は、この「手加減」を覚えないといけない、というのを、ちょっと痛感していましたので、なかなかに的を得たリーディングになりましたね。

 

こういった口座に参加するのは2年ぶりくらいですので、純粋に楽しめましたし、まあ私みたいな受講生が来ると、講師はやりにくいだろうなぁ、と感じます。

 

講師の方、本当にご苦労様でした<(_ _)>

ページ TOPへ