カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

シンプルなことほど難しい

シンプルなことって、すごく簡単に見えるんです。

 

たとえば、卵焼きを作る、というのは、料理をする人であれば、一度は卵焼きを作ったことがあるくらい、簡単です。

 

しかし、卵焼きをおいしく作る、となったら、どうでしょう?

 

シンプルな料理ほど、作り手の力量が出ますから、なかなかにプレッシャーかもしれません。

 

私が習っている三線も、店舗のいい曲や、難しい曲ほど、ちょっとしたごまかしがききますので、覚えてしまえば難しくはなくなるんですよね。

 

でも、すごくゆったりとした、三線の音色と唄を聞かせる曲になりますと、曲事態は簡単なのに、まったくごまかしがきかなくなりますので、非常に難しくなります。

 

カウンセリングなどをしていても、シンプルなことほど、行動に移すことが難しい傾向にあるように感じます。

 

まあドラマなどで、なかなか「好き」と言えない、みたいなものですよね。

 

すごくシンプルな言葉

 

ありがとう

 

ごめんなさい

 

助けてください

 

愛しています

 

など、こういった言葉を、誰かに伝えるのは、結構勇気がいるときがあります。

 

特に男性が「助けてください」というのは、まあ死んでもいやなときがありますしね(笑)

 

シンプルな言葉を伝えるとき、どれだけ自分が、自分の気持ちに「素直」になれるか、というのがかぎになります。

 

まあ皆さん、素直じゃないわけですよ。

 

で、素直になれず、たった一言が言えないがために、怒ったり、抱え込んだり、けんかしたり、気を使いすぎたり、遠慮したりして、より誤解が大きくなってしまい、取り返しのつかないことになったりすることも、よくあるわけです。

 

ちなみに、素直なこととわがままなことは、イコールではありません。

 

なぜなら、わがままは、自分の欲求を相手に押し付けることであって、素直なこととは、自分の思いを相手に伝えること、だからです。

 

つまり、素直さというのは、欲求のように求めてはいないわけです。

 

ここらへんを勘違いすると、大変なことになりますので、気をつけてください。

 

よく考えたら、素直になる、というのも、言葉で聞くと非常にシンプルなことですよね。

 

まあ、それだけ難しい、ということになるのでしょうね。

 

ついでですからもうひとつ。

 

難しいとできないも、イコールではありませんから、気をつけてくださいね。あ

ページ TOPへ