カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

罪悪感の数え方

フェイスブックで、友達申請がたま〜に来ます。

 

ただ、友達になると、必ずラインに誘われるわけです。

 

ん、なんか変だぞ。

 

そう思い、調べてみました。

 

そしたら、どうも「ライン詐欺」なるものがあるらしいことがわかりました。

 

フェイスブックで友達申請して、受理されたらラインに引き込み、ラインでつながったら、骨の髄まで搾り取られる。

 

みたいなことがあるらしいです。

 

昔から、様々な「知能犯罪」というのがありますが、その知能を世の中のために使えば、すごく力を発揮できると思うわけです。

 

ですが、まあそうしないから詐欺行為になるわけですよね。

 

人をだましたり、傷つける行為をすると、普通は罪悪感を感じます。

 

しかし、100円をネコババしても、3億円を盗んでも、罪悪感は同じなんですよね。

 

つまり、金額や被害に関係なく、1回分の罪悪感なんです。

 

しかも、二度三度と繰り返す人というのは、罪悪感が2〜3個になるのではなく、1個分なんです。

 

100円をネコババして、罪悪感が1個分。

 

次に1000円をネコババしたら、なんと罪悪感は1個分のまま、なんです。

 

ここで2個分にならないのは、行為である「ネコババ」に対して罪悪感があるので、回数ではなく、行為そのものに罪悪感は1個、になるわけです。

 

例えば、痴漢を二回したとしたら、罪悪感は痴漢行為そのものですから、1回分です。

 

痴漢とひったくりをすると、痴漢で1個、ひったくりで1個になり、合計2個になります。

 

ですが、痴漢とひったくりをセットで2回目、となったら、これは前回のままカウントされないので、2個のままなんです。

 

つまり、罪悪感は、同じ行為に対して、カウントされないわけです。

 

もちろんこれは、犯罪者や自分勝手な人のパターンであって、皆が皆そうというわけではありません。

 

罪悪感の感じ方は、人によって違います。

 

その大きさも、重さもね。

 

人を傷つけても、罪悪感が小さい人もいれば、相手の歩行をちょっとじゃまをしただけで、すごい罪悪感を感じる人もいます。

 

犯罪を犯す人って、罪悪感を感じないか、罪悪感を感じることがマヒしているか、なれちゃっているか、なのかもしれませんね。

 

10回遅刻したから、罪悪感10個分ではなくて、遅刻そのものに対して、罪悪感1個と考えれば、回数は関係ない、となるわけです。

 

浮気やDV、ハラスメントも同じかもしれませんね。

 

そう考えたら、心をマヒさせるって、すごく危険なんじゃないだろうか、と感じてしまうのですが、皆さんはどう思われますか?

ページ TOPへ