カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/6/24 影響を受けやすい私

最近、篤姫や竜馬伝など、大河ドラマのDVDを観たおしております。

 

実をいうと、ここ最近、ドラマは見ないようにしていたわけです。

 

なぜなら、すぐに登場人物の心理分析をしてしまうから(笑)

 

職業病ですね。

 

で、友人の勧めで見るようになって、どっぷりとはまりまくっております(笑)

 

で、ここでひとつ気が付いたことが。

 

大河ドラマなどは、各地の方言がよく使われていますが、この方言が移るんですよ。

 

篤姫を観ているときは、鹿児島弁が、竜馬伝を観ているときは、土佐弁が口からついてくるわけです。

 

同時に、自分の地元の関西弁も、普通に出てくるようになりました。

 

カウンセリング中などでは、できるだけ方言を使わないように、実は意識していたんですよ。

 

それでも関西弁は出てくるわけですが、講座なんかだと、普通に関西弁で話しちゃって、自分でも笑ってしまいます。

 

まあ関西弁になってしまうもう一つの理由が、同窓会以降、神戸の友人とSNSでやり取りをしておりまして、向こうが神戸弁で文字を書いてきますから、つられてこちらも神戸弁になってしまうわけです。

 

今回のことでよくわかったこと。

 

私は、人やものの影響を受けやすいんだ、ということでした。

 

今までは、これをうまく使ってきたわけです。

 

いい人とかかわれば、いい影響を受けるわけですから、自分自身もよくなるわけですね。

 

当然、悪い人とかかわれば、自分も悪くなる。

 

影響を受けやすいということは、そういうことですからね。

 

そう考えたら、私は人の選び方がうまいんだなぁ、というのが、本当に実感しましたよ。

 

今までかかわった人って、本当にいい人ばかりで、悪い人って、ほとんどいませんでしたからね。

 

まあ悪い影響を与える人には、近づきませんでしたしね。

 

自分が人に対して、いい影響を与えられる人間になりたい、と思った結果かもしれませんね。

 

まだまだ人にいい影響を与えられる人間になれていない私ですが、そうありたいと願うこころがなくならない限り、この自分を貫いていこうと感じております。

 

ご清聴、ありがとうございました。

ページ TOPへ