カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

心理学講座「残念さんの取扱説明書〜⑮〜」

第2章 残念さんの種類

 

 

⑪放置さん

特徴は「釣った魚に餌をやらない」です。

愛されて当たり前と思っていて、この「当たり前」がくせ者なんです。

もしくは自分の趣味や興味に集中して、存在を忘れてしまう。

まれに責任感から仕事を頑張りすぎたりのめりこみ過ぎて放置してしまうこともあります。

この辺りは、熱中さんに似ているところがありますね。

 

実はこういう人って、最初はマメなんですよ。

ある日突然放置してきますから、された側からすれば青天の霹靂です。

何が起こったのかさっぱりわからなくなって、パニックになります。

そして、焦ってとる行動が更なる放置を加速させていく、ということがよくあります。

 

⑫変態さん

その名の通り「変態さん

解説するまでもありませんね。

フェチだったり、マニアだったりといろいろですが、ここでは「抑圧された感情や欲求の結果」フェチやマニアになってしまうと、一般的なフェチさんとは違った変態さんになってしまいます。

 

基本的にフェチやマニアといっても、基本は「お互いが楽しい」事が大切です。

自分だけが楽しくて、周りはマニアに付き合わされている、みたいな好事になってしまうと、残念さんの仲間入りしてしまうわけですね。

つまり、「抑圧された」感情や欲求が強く存在すると、結果として抑圧されたものを解放する事が目的になるため、人の迷惑顧みず、となってしまいます。

 

 

⑬○○コンさん

特徴は「コンプレックスが強い」ことです。

マザコン、シスコンなど、コンプレックスが強い分だけ感情を抑圧していますからね。

パートナーにコンプレックスを抱いて、パートナーと競争してしまうことなどもあります

旦那より嫁さんの方が給料が多いと旦那がすねる、というのも競争の一種ですね。

 

こちらのパターンもマイルールがあります。

自分の中の不足原則や劣等感を補う、もしくは隠すためのルールが設定されています。

怒りの感情の抑圧がある可能性もあります。

 

 

⑭子どもさん

特徴は「心が全く成長していない」ことです。

実はこのタイプも、仕事はかなりできます。

ただ、精神的に子供なので善悪が理解できない面があり、無邪気に人を傷つけるところがあります。

子供っぽい分だけ発想は豊かで面白いし、子どもっぽいだけに周りは振り回されるます。しつけがされていない子供のようですね。

精神的にお子様な人が多く、パートナーをお母さんにしてしまう傾向があります。

心が成長せずに大人になった人といった方がわかりやすいかもしれませんね。

気に入らないことがあったら、ダダをこねたり、拗ねて引きこもったりもします。

 

 

<残念事例⑨>

彼とダーツバーにいった、私は初めてダーツをやって、彼よりいい成績を出した。

「なんだ、ダーツなんて簡単じゃん」っていったら、彼は腹を立ててお金も払わずに家に帰って、それ以来連絡がない。

 

このようなパートナーをもった場合は、将来子供を持ったときの予行演習だと思って、しつけの練習をするしかないんですよね。

 

 

 

ページ TOPへ