カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

一般常識が通じない心理

一般常識が通じない

 

そう思うことって、ありませんか?

 

カウンセリングなどでは、「こんな時って、こうするのが普通ですよね、でも、彼はしてくれないんですよ」みたいな話をよく聞きます。

 

そもそも、一般常識というのは、一種の「暗黙のルール」みたいなものです。

 

実際にそう決まっているわけでもないし、その通りやらなければ、罰せられるわけでもない。

 

ですが、一般常識から逸脱した行為、行動をした場合、他人が迷惑をこうむったり、嫌な思いをしたりします。

 

ほとんどの人が、自分が常識だと思っていることが、一般常識だと思っています。

 

実際、ほとんどがそうなんですけどね。

 

でも、その中に「自分だけの常識」が紛れ込んでいるわけです。

 

これは、以前お話した「自分だけのルール」と同じともいえるわけです。

 

私はよく「自分にとっての当り前が、必ずしも相手にとっての当り前ではない」という話をします。

 

常識やルールも同じことで、自分の常識が、必ずしも相手に当てはまるとは限らないわけです。

 

一般常識というのは、極端に言えば、過半数の人が「これが常識」と思えば、一般常識になるわけです。

 

パソコンが普及していなかった時代、パソコンを扱えないのが「常識」だったわけです。

 

パソコンが普及すると、エクセルワードがつかえることが常識になりました。

 

今では、職場でエクセルワードをつかえることは、常識ですよね。

 

そして、今は一人1台以上、スマホや携帯電話を持っていますが、持っていることもまた、今では常識なわけです。

 

このように、常識というのは、時代によって変化しています。

 

変化についていけない人は、昔の常識を押しつけてしまったり、新しい常識になじめなくて、孤立してしまったりするわけです。

 

以前、こんなことがありました。

 

バイト先で、19歳の男子と仕事をしていて、ちょっと資格に話になったんです。

 

「先日、マイクロソフトの検定受かったんですよ。」

 

資格を手に入れることは、努力の結果ですから、がんばってるなあと感心するわけですが、すでに社会人30年近い私からすると、エクセルワードって、使えて当たり前じゃないの?と思ってしまうわけです。

 

だって、エクセルワードが使えないと、仕事にならないですからね。

 

で、よく考えてみたら、今の若い人たちは、パソコンをあまり扱わないんだ、ということに気が付いたわけです。

 

私は、会社の書類が手書きだった時代から働いていますから、いろんな変遷を経験してきているわけです。

 

でも、今の若い人たちは、パソコンありき、の世界からしか知らないんですよね。

 

そりゃ、常識が全く違っても仕方がないです。

 

自分の持っている常識と、人が持っている常識とは、全く違うところがある。

 

この違いが認められない場合、いろんな摩擦が起きたり、怒りを感じたりするのでしょうね。

 

自分を理解する、というのは、人との違いを受け入れていく、という作業もあるのかもしれませんね。

 

まあこれができれば、争いごとなんて激減するんですけどね(笑)

ページ TOPへ