カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/5/18 神戸同窓会日記 完結編1

さて、今回の神戸日記、もう短期間で3回目になりますから、今回はさくっと書いていきたいと思います。

 

と言いながら、2週にわたるボリュームになりましたねぇ(笑)

 

今回、初の神戸空港を使ってみようという計画をもとに、チケットを取りました。

 

実は、かなり昔、神戸空港の計画にほんのちょこっとだけかかわったことがあるんですよねぇ。

 

しかし、もともと飛行機を利用する人間ではありませんでしたから、それこそ見にいったこともなかったわけです。

 

そんなこんなで、前日から準備を始めたのですが、いかんせん出発時間が中途半端。

 

下手に寝てしまうと、寝坊してしまう恐れがあるわけです。

 

私が選んだ選択は、徹夜すること、でした。

 

まあ眠いこと眠いこと。

 

結果39時間ぶっ続けで起きる羽目になりましたよ(笑)

 

それでも、なんとか眠気を抑えて飛行機に乗り込むと、そこは非常口席でした。

 

CAさんから、直接「有事の際には、ご協力をお願いします」といわれて、なるほど、そういう座席なのか、と初めて理解しました。

 

で、座席のすぐ横に、非常ハッチを開くハンドルが目の前にあるわけです。

 

つい引っ張ってあけたくなる衝動を抑えて(笑)、さあ眠ろうと思っても、そう簡単に眠れるものではなく、眠くなるまで本を読んでいて、やっとうとうとしてきたな、と思ったら、もう着陸です。

 

やっぱ飛行機は早いですねぇ。

 

で、初めての神戸空港。

 

まあ普通の空港でした(笑)

 

同窓会会場に移動するべく、電車に乗ったら、隣の母娘ずれが、どうやら神戸観光に来たらしく、地図やガイドブックを見ながら、どこを回ろうか相談していました。

 

なぜでしょうねぇ、その母娘の様子が、なぜかほほえましく見えたんですよねぇ。

 

私ももう歳ですね。というか、実際歳です(笑)

 

で、いつものごとく、カフェで心理学講座を書きながら時間つぶしをして、会場へと向かいました。

 

今回の会場を、先に場所を確認しようと思い、会場に行ってみたわけですが、その時、女性二人がお店の前に立っていたんです。

 

話し声が聞こえてきます。

 

「なんやぁ、せっかく食べに来たのに、今日に限ってランチやってへんやん。」

 

すみません、私たちが同窓会で使うから、今日のランチは営業してないんです<(_ _)>

 

後ろでこっそり、頭を下げていた私です(笑)

 

それでも時間があるので、今度は、電源がありそうなカフェに移動して、充電しながら、再びコラム書きです。

 

ここのスコーンがおいしかったんですよ!

ページ TOPへ