カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

「自分が好き」ということ①

最近よく聴かれる質問に、

「どうやったら自分を好きになれるんですか?」

というのがあります。

 

さて、ここで皆さんにお聞きしますが、自分を好きになるって、どういうことでしょう?

 

おそらく、人それぞれいろんな考え方があると思います。

 

やりかたも、たくさんあるでしょう。

 

ただ、私が感じていることではあるのですが、本当に自分を好きなとき、まずやらないことがいくつかあります。

 

一つは、当然ではありますが、自分を責めたり、傷つけたりはしませんよね。

 

そして、二つ目には、人を傷つけたり、非難したりもしません

 

「好き」という感情には、とても幸せな感覚も含まれていると私は感じています。

 

幸せなとき、誰かを殴ってやろうとか、けなしてやろうとか、そんな気持ちは起きないわけですよね。

 

だとしたら、人に対して攻撃的な人は、自分を好きではない可能性があるということかもしれませんね。

 

さらに、三つ目には、怒りの感情もあまりないでしょうね。

 

当然怒っているときは人を好きにはなれないものですから、もしかしたら何かに怒っている人は、自分自身にも腹を立てているかもしれません。

 

四つ目には、自分を好きな人は間違いなく「自分に素直」です。

 

うそをつく、という行為はほとんどの方があまり好きではないと思います。

 

では、自分にうそをつく、という行為はどうでしょうか?

 

もし、自分に素直で、自分に正直であれば、自分にうそをつく必要はありませんよね。

 

ところが、人はほとんど無意識で自分にうそをついていることがあります。

 

もしかしたら、この瞬間は自分のことを好きではない可能性もあるわけで

す。

 

もちろん、すべてがそうではないかもしれません。

 

うそには自己防衛のためのうそと、思いやりのうそがありますから、目的によってそこは変わる可能性があるわけです。

 

五つ目は、自分以外の何かに価値を求めてしまうことです。

 

もし自分のことが好きであれば、わざわざ自分に付加価値を付けて、自分を誇張する必要はありませんからね。

 

ありのままの自分で問題ないわけです。

 

ありのままの自分を見せることができない、学歴やブランド、肩書きをひけらかしたり、それらのものを求めたりする行為そのものが、自分に価値を感じられない、つまり、自分のことが好きではない行為の可能性があるわけですよね。

 

さて、ここまで読んで、あなたはどれだけ当てはなりましたか?

 

気がつけば心理テストみたいになっていますね。

 

解説は次回。

 

お楽しみに。

 

※このコラムは、2007年03月03日に掲載されたコラムを、加筆修正して再掲載したものです。

ページ TOPへ