カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/4/26 全身が筋肉痛(笑)

4月より、舞踊の練習をしております。

 

まあ偶然なのか、必然なのか、エイサーの大太鼓をしているメンバーで構成されているわけで、先日初練習が行われました。

 

基本は、踊りを知っている人から踊りを習う、という形になるわけですが、実際にやってみると、なかなかこれが大変なわけです。

 

で、本当に大変なのが翌日です。

 

全身が筋肉痛。

 

しゃがむ琴すらままならないくらい、足腰が痛いのなんのって(笑)

 

正直、エイサーよりしんどいかも、と思いました。

 

まあ、ただの運動不足なんですけどね。

 

ただ、ひととおり踊りを教えてもらった後、踊りの動画を見たら、これがよく理解できるわけです。

 

練習前に動画を見たときは、どれだけ見ても全く理解できなかったんですけどね。

 

やっぱり、ただ見ただけなのと、実際にやってみるのとでは、理解力が全然違います。

 

実際にやってみることで「理解する力」は、格段に向上するわけです。

 

もちろん心理学にも同じことが言えるわけで、ただ話を聞くだけでなく、実際に「体感・体験する」ことが、話を聞いただけでは得られない、様々な気づきを与えてくれるわけです。

 

ほんと、毎日が勉強ですよ。

 

とりあえず基礎体力をつけないと、毎週筋肉痛に悩まさることになりますなぁ(笑)

 

で、このコラムを書いた直後、教室で発表会の打ち合わせをしていたときに、A先生に声をかけられました。

 

「中原さん、発表会当日、忙しい?」

 

すると、B先生が

 

「忙しいですね。中原さんには舞台をお願いしていますから、結構仕事があります。ただ、ローテーションで廻すので、演奏は可能ですよ。」

 

「じゃあ中原さん、これ」

 

といって、A先生から渡されたのが、楽譜でした。

 

A先生曰く「合いの手お願いね。三線じゃないから、すぐに覚えられるし。」

 

・・・。

 

結局、三線5曲、エイサー1曲、舞踊1曲、合いの手1曲参加と相成りました。

 

去年の発表会は、三線5曲のみだったので、かなり楽だったんですけどねぇ。

 

今年はさすがに忙しいですよ。

 

同時に、スタッフとして運営にも関わっていますから、なかなかにハードな一日になりそうです。

 

ま、このときの様子も、このコラムでお伝えできればと思っております。

 

お楽しみに。

ページ TOPへ