カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/2/14 バレンタインの思い出

~バレンタインの思い出~

バレンタインと言えば、私にとっては毎年この話が思い出されます。

何度も何度も再掲載しているコラムですが、初めての方もいるかもしれませんので、まあ息抜きに楽しんでくださいね。



 

今日はバレンタインですね。

 



先月あたりからバレンタインの準備やチョコレートの配置替えなど、いろんなお店で目にしました。



 

聞いた話なんですが、バレンタインで女性から男性に贈り物をするのって、日本だけだそうですね。


 

これも聞いた話なんですが、とある国では、バレンタインは男性が女性に花束を贈る日なんだそうです。


 

きっと、お菓子会社が仕組んだことなんでしょうね(笑)


 

2月3日の恵方巻きも、関西では昔からありましたが、もとは海苔業者が始めたことだそうですしね。
  
すっかりバレンタインとハロウィンと恵方巻きは、イベントとして定着していますよね。



 

ま、それも楽しんでしまえばどうでもいいんでしょうけどね。



さて、私にはバレンタインに関して、強烈な思い出があります。
  
それは小学校5年のことでした。

当時の学校では(今でもそうかもしれませんが)お菓子を学校に持ってきてはいけないという校則があったんです。

 

毎年のようにバレンタインの時期になると、チョコレートをあげたい女子が先生の目をかいくぐってチョコをあこがれの男子にあげてましたね。

 

そしてこの年も、女子達がチョコを持ってきて男子達に渡していたのですが、その中の男子の一人が教室ででチョコを食べちゃったんです。

 

それだけならまだいいんですが、なんと包み紙をそのまま教室に捨ててたんです。

先生がこれを見つけてしまったから大変です。

 

5時間目の授業が急きょホームルームの時間になり、全員先生から懇々と説教を受けました。

そして、先生が生徒達にこういったんです。

 

「チョコを持ってきたりもらったりした人は立ちなさい!」

 

先生的には、全員立つか立ってもクラスの半分くらいだろうと思ったのかもしれませんね。

 

おそらく他意はなかったんだと思います。



 

ところが、いざ生徒達が起立してみると、なんと私以外全員立ってたんです
よ!



 

さすがにこれは先生も私も、そしてクラスメイトも驚いてましたね。

 

その後、先生が私に聞くんです。

 

「中原君、チョコ、もらってないんだね。」

 

「はい。」

 

私は自信を持って言いました。

 

何せ私は、小学校6年間一度もチョコをもらったことがないから、もしもらってたら飛び上がるくらい喜んだはずです。

 

私にとってバレンタインは「お菓子会社の陰謀や!」と叫びたかったくらいですから。
そしたら先生がまた聞くんです。

 

「本当に、チョコ、もらってないんだね。」

 

私はさらに自身をもって(持っていいのかどうかわかりませんが)うなずきました。


 

そのあと、教室に流れるきまず~~い雰囲気。

 

見つめあう先生と私。

 

クラスメイトの熱い視線。

 



結局その気まずさがホームルーム終了の決め手になったのです。

 



が!

私はなんか納得いきません。

 

それは、チョコがもらえなかったことではありません!

 

クラスでたった一人だったことでもありません!

 

こんなネタにできるおいしいことがあったわけですから、それはいいんです。



 

それ以上に、あの時の先生のあわれむような表情!

 

持ってきてはいけないという割に、もらってない私を見るさみしそうな顔!

今でも忘れませんよ~。



 

だからといって怒っているわけではありません。

 

私にとってはすべて楽しむためのネタですからね。

 

でも、こんなことがあっても笑いのネタにできるくらい楽しんでしまえば、過去のつらいこととの多くは、今笑い飛ばせてしまうかもしれませんね。
 
で、実際去年同窓会があり、この話をしてみたところ、さすがに誰も覚えていませんでした(笑)
 
まあ、覚えているのは当事者のみで、みんなにとっては当たり前の日常の一つ、ということですね。

 



深刻になるより、その深刻さを笑い飛ばしてみる。

 

一度、自分の笑えなかった過去を思い出して、笑い飛ばしてみるのもいいかもしれませんよ。


 

 

ページ TOPへ