カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/2/12 三線演奏会裏日記3

このような会では、スケジュールが遅れることはよくある話です。
 
遅れた分だけ、後半の演奏曲が一部カットされます。
 
何せ、どれだけスケジュールが遅れても、終了時間厳守ですからね。
 
で、結局あれだけ練習した難しい曲はカットになり、舞台裏で師匠に
 
「あれだけ練習したのに、残念やなぁ」
 
と、笑い合っていました。
 
無事三線の演奏も終わり、あとはエイサーを残すのみとなりました。
 
で、エイサーも時間短縮のため2曲カットされたのですが、本番直前で、時間が十分足りていることが分かり、急きょ全曲演奏することになりました。
 
上手に移動していた大太鼓隊が、あわてて下手に移動します。
 
そして、本番です。
 
三線の演奏では、50人近くで演奏するので、多少間違えても、エアー三線をしていても目立たないのですが、さすがにエイサーではそういうことはできません。
 
間違えれば、思いっきり目立ってしまいます。
 
しかも、今回DVDに収録して販売することを聞いていましたので、プレッシャーもひとしおです。
 
かなり気合を入れて演奏したのですが、ここでぎっくり腰の影響が出てしまいます。
 
ぎっくり腰になってから、ほとんど練習できていなかったんですよね。
 
そしたら、一番練習が少なかった曲で、思いっきり間違えてしまったんです。
 
まあこっぱすかしいったらありゃしない(笑)
 
どれだけここまで頑張っても、一個の失敗ですべてが水泡に帰してしまう。
 
そんな感じがありましたね。
 
たった一つのミスなんですけどね。
 
とりあえず、自分を責めるのはわきに置いといて、最後の仕事にかかります。
 
2次会と、DVD予約の受付です。
 
これがま大変でねぇ。
 
打ち合わせでも、最後までどうするか詰め切れなかったところでしたから、なかなかにドタバタしました。
 
それでも無事に終わり、管理していたお金を会計担当の方に渡し、私の仕事は終わったわけです。
 
この段階で、30時間以上寝てませんよ(笑)
 
しかも立ちっぱなしで、エイサーまで踊っていますので、帰るときには足はフラフラで、へとへとでした。
 
家に帰って横になり、ほっとした途端、ばっちり記憶がなくなっていました。
 
このようなイベントは、とにかく裏方さんに支えられて運営されているわけです。
 
それは、日ごろ私たちが、ワークショップや講座をするときも、裏方さんの力量が問われたりするわけですよ。
 
誰かにお願いしないと、運営はできないものです。
 
否が応でも、プロセスの学びが詰まっているんですよね。
 
うまくいったことも、失敗したことも、私にとっては楽しくていい経験になりました。
 
これを2月26日のワークショップに反映できるよう、精進していこうと思います。
 
また、次の三線の演奏は6月4日。
 
上野水上音楽堂になります。
 
それまでに、とにかく腰を治さないとね。
 
これからも、張り切ってやっていきますよぉ。
 
以上、三線演奏会裏日記でした。
 
最後までお付き合いいだたいて、ありがとうございました。

 

ページ TOPへ