カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/2/8 三線演奏会裏日記1

今回のシリーズのコラムは、特に心理学と関係がありません(笑)

 

まあ、箸休め程度に楽しんでください。

 

去る2月5日、三線教室の発表会がありました。
 
今回は、その発表会にまつわるお話をしたいと思います。
 
始まりは10月にさかのぼります。
 
三線教室の20周年式典を、ヒルトン東京で行うことになり、出席者&演奏参加者の募集と相成りました。
 
その時の私は、派遣切りにあったばかりで、2月まで東京に残れるかわからなかったんですよね。
 
でも、東京に残るための一つの目標にはなるかな、と思って申し込みました。
 
と同時に、エイサー(大太鼓)の練習も開始して、当日は三線とエイサーと、両方演奏しようと決めたわけです。
 
まず最初にしたのが、衣装の購入です。
 
三線を演奏するときの衣装は黒朝(くろちょう)といって、琉球の宮廷音楽家の衣装を着るんですよ。
 
で、この際だから一式購入したわけです。
 
また、エイサーのほうも衣装がいりますので、これも購入しました。
 
この時、私にとって運がよかったのは、仕事がなくて、時間がかなりありましたので、三線の練習を目いっぱいできたことです。
 
先輩たちが悪戦苦闘している、すんごい難しい曲を、かなり早い段階で仕上げることができました。
 
まあそのせいで、皆さんから過大評価されちゃうことになったんですけどね(笑)
 
11月、12月と練習も順当に進み、年明け早々、私にハプニングが襲います。
 
そうです、ぎっくり腰です。
 
生まれて初めてのぎっくり腰でしたが、運よく軽めでしたので、その後はコルセットを巻いてエイサーの練習をしていたわけですが、このことが、のちのちボディブローのように効いてくることになります。

 

次回に続きます。

ページ TOPへ