カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2017/2/1 当たり前じゃないから面白い

この間のワークショップの打ち上げで、偶然にも京都、大阪、神戸出身者がそろったんですよ。
 
当然、関西と関東の違いについての話になるわけです。
 
そのなかでも、食の違いについては、皆さん熱く語ることになりますよ。やっぱ。
 
ポピュラーなのは、関西にはポークカレーがないということだったり、三食おはぎが「あんこ・きなこ・ごま」ではなくて「あんこ・きなこ・青のり」だとかね。
 
関西でも、三都でそれぞれの違いあったりするわけですよ。
 
昔の神戸では、お好み焼きにマヨネーズはかかってませんでしたからね。
 
大阪や東京でお好み焼きを注文した時、マヨネーズがかかっているのを見てびっくりしましたから(笑)
 
で、関西人全員がびっくりしたのは、東北・北海道地方では、赤飯が甘いことだったんです。
 
また、北海道弁の話になり、鼻にティッシュを詰めることを「はなつっぺ」といったりとか、青い道路標識のことを「青カン」といったりとかね。
 
この手の話は、本当にいつも盛り上がりますよ。
 
カウンセリングでは、全国の人とお話をしますから、いろんな地方の方言を聞くこともよくあります。
 
その方言を聞くのも、また楽しみの一つだったりするわけです。
 
琉球方言だけは別ですよ(笑)
 
本当に意味が分かりませんから(大笑)
 
今三線で、方言にすごく悩まされていますからね(笑)
 
私自身も、カウンセリング中は方言に気を付けて話しているのですが、次第に関西弁が出てきますからね(笑)
 
違うからこそ面白い。
 
自分にとっての当り前じゃないからこそ、新鮮な気持ちで楽しめる。
 
そんな気持ちでいられたら、毎日が新鮮で楽しくなるかもしれませんよ。

ページ TOPへ