カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/12/31 感性を開くと・・・

ます最初に、ちょこっと告知です。

 

来る1月7日(土)、福岡にて出張面談カウンセリングを行います。

最初は1月13日だったのですが、急遽変更と相成りました。

 

面談カウンセリングを受けてみたい!というかたは、是非この機会にご利用ください。

申込先はこちらです。

 

お待ちしております。

 

では、いつものコラムに戻ります。

 

この間、三線教室の忘年会に参加した時のことです。
 
仲のいい人と話をしていて、こんなことを言われました。
 
「中原さんはね、すごく耳がいいんですよ。調弦(三線の音を合わせること)なんか、ぱぱっとできちゃうじゃないですか。」
 
確かに、調弦は得意です。
 
まあ、昔から音楽をやっていましたから、不協和音には敏感なのかもしれません。
 
で、ふとその時感じたのが
 
「自分自身が、感覚を目いっぱい使っているから、音色を聞き取りやすいのかもしれない。」
 
まあ、感性を開くワークショップを開催しているくらいですから、私自身が感性をつかえていないと、問題ですからね(笑)
 
音楽やアートなど、芸術系の仕事や趣味をしていると、どうしても感性が必要になったりします。
 
また、人間関係や人付き合いにおいても、感性が必要だったりしますよね。
 
たとえば、赤ちゃんとのコミュニケーションだったりね。
 
しかし、感性に頼りすぎると、表現がおろそかになったり、感じすぎてしまって混乱したりします。
 
ここでも、バランスが大切なわけですよ。
 
感性を使いながら、表現のための思考を使う。
 
このバランスのいい人が、良い作品を生み出したり、美しい演奏ができたり、すごいアイデアが出たりするのかもしれませんね。
 
余談ですが、三線仲間からは、私が毎日自主練習をしていると思い込まれているようで、酒の席で
 
「で、毎日どれくらい練習しているの?」
 
と聞かれたわけです。
 
最近は、スランプなこともあって、あまり練習してないんですけどねぇ。
 
年末年始は、暇な時間もあることですし、それなりに練習しようとは思っていますけどね。
 
発表会が2月5日。
 
それまでに、三線5曲、エイサー8曲を覚えないといけませんからねぇ。
 
来年は三線もイベント尽くしですから、なかなか大変な一年になりそうですね。
 
さささ
 
来年も、全力で行きますよぉ。
 
2016年に関わった皆様
 
いろいろとお世話になり、ありがとうございました。
 
いつもコラムを楽しんでいただいている皆様
 
いつも読んでいただき、ありがとうございました。
 
2017年も、どうぞよろしくお願いいたします。
 
よい年末をお過ごしください。

ページ TOPへ