カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/12/27 パソコン修理

実は私、古物商の免許を持っております。
 
以前はそんな仕事もしておりました。
 
最近はほとんど休業状態だったわけですが、先日、友人から、壊れたパソコンが修理できるかどうか見てほしいといわれ、パソコンを預かることになったんです。
 
で、パソコンを預かってみたら・・・
 
まあでっかい一体型パソコンが2台!
 
早速、暇を見てはパソコンのどこが壊れているかチェックしていきます。
 
で、大体1時間後。
 
壊れている原因が、ほぼわかりました。
 
1台は、部品を交換して、インストールを試してみましたが、復活は不可能でした。
 
もう1台は、ハードディスク内のデータをあきらめれば、たぶん治るでしょう。
 
パソコンを修理するとき、最初にすることが、まずどこが壊れているのかを確認することです。
 
まあ当然ですよね。
 
そのうえで、直せるのかどうか、直すために何が必要なのか、というのを探っていくわけです。
 
実はこれ、カウンセリングとちょっと似ているんですよね。
 
クライアントさんの問題について、問題の原因の核となったところを探し、その核の部分が、現実に生活に影響を及ぼさないようにするために、最善を尽くしていく。

つまり、私はこういうことが好きなんですねぇ。
 
結果として、パソコンは修理せずに私のほうで引き取ることになりそうです。
 
年末年始の暇つぶしに、思いっきり分解して遊ぶのもいいですねぇ。
 
分解することで、また一つ知識を学ぶことができますからね。
 
ただ、気が付いたら、我が家にパソコンが5台になってる(笑)
 
昔、パソコンをいじり倒していた時は、家にパソコンが12台あったこともありましたねぇ。
 
で、きちんと1台修理が完了しました。
 
ほしい人がいれば、お譲りいたしますが、このまま自分で使ってもいいよなぁ。
 
しかし、今月だけでパソコンが2台も増えてしまった。
 
どうしよう・・・。

ページ TOPへ