カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/12/22 雑誌取材顛末記②

木曜日からは当然のごとく、大掃除です。
 
きれいにするといっても、荷物を片付けるくらいしかできないわけですが、それなりに頑張りましたよ(笑)
 
で、取材日の金曜日と相成ったわけです。
 
インタビュアーは相原勇さん。
 
なんでも、直前にホノルルマラソンを完走したばかりで、かなりお体がつかれていたご様子。
 
それ以上に、やっぱマラソンをする女性はみな共通するんですかねぇ。
 
高橋直子さんや松野明美さんのように、体がパッと見がりがりなんですよね。
 
完全にマラソン仕様になっているわけですよ。
 
そりゃ、ホノルルマラソン完走できるわ、と感心しました。
 
現在、アメリカと日本を行ったり来たりしてお仕事をしている相原さん。
 
カウンセリングに関しては、非常に好印象を持っていらして、実際カウンセリングのことも詳しかったんですよね。
 
何より、私が話しやすかったんですよ。
 
まあ、いかに笑いを取るか、と考えてしまうのが関西人の悪いところかもしれませんが、やっぱインタビューといえども、楽しんでいってもらいたいというサービス精神は健在なわけです。
 
インタビューは40分程度だったのですが、その間に、スクールを立ち上げた経緯やカウンセリングについて、そのほか、カウンセリングのあれこれについてお話をしました。
 
このインタビューの内容は、3月発売の雑誌に掲載される予定です。
 
写真は今週中にいただくことになっておりますので、近々公開できると思います。
 
また、記事のほうも2月には出来上がるということで、こちらのほうも、ホームページで公開いたしますので、楽しみにしておいてくださいませ。
 
で!
 
雑誌が出来上がったら、何冊かもらえるということでしたので、ほしい人がいたら、先着で5名様に差し上げます。
 
実際に手渡しできるのは3月に入ってからになりますが、ほしい人は今から予約しておいてくださいね。
 
というか、ほしがる人はあまりいないだろうなぁ。
 
以上、インタビュー日記でした。
 
おしまい

ページ TOPへ