カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/12/10 神戸旅日記〜同窓会編〜2

正直、小学校時代の記憶なんてほとんどないわけですから、誰が誰だかさっぱりわかりません。
 
一抹の不安を抱えながら、会場へと向かいます。
 
軽い気持ちで「余興で三線でも演奏しようか」などと言った事も、ちょっと後悔しながらね。
 
で、同窓会場に着いて、店の人に案内してもらったら、本当に誰も知らない人ばかりだったんです。
 
しかも、全員私より若い!
 
あれ?
 
そう思って会場を出て、店員さんに聞いてみたら、全く別のグループの宴会に案内されていました。
 
そりゃ、誰も知らんがな(笑)
 
相変わらずのネタ人生(笑) 顕在です。
 
で、無事同窓会場に案内し直してもらったわけですが、やっぱ顔を見たら思い出しますね。
 
話をすればするほど、当時の思い出が次々と蘇ってくるものです。
 
ただし、私にとっては当然のごとく黒歴史ばかり(大笑)
 
恥ずかしいったらありゃしない。
 
自分が忘れていた事も、誰かが覚えていたり、全員に共通なのが、どれだけ先生に怒られたのか、はよく覚えていましたね。
 
当時の私は、それこそ今でいうアスペルガーみたいなやつでしたから、毎日のように先生に怒られていました。
 
そして、先生が若かったんですよ!
 
とても63歳に見えないんですよね。
 
特徴のある話し方も、癖のある動きも、本当に当時のままで、本当に懐かしかったです。
 
実は、今回の同窓会にきてくれた先生。
 
いくつか絶対に忘れられない思い出があるわけです。
 
例えば、バレンタインの思い出とかね。
 
この話は、また機会があればお話ししましょうね。
 
同窓会は、とにかくみんなの話が盛り上がりすぎて、全員が食事を食べるのも忘れて、話すのに夢中になるくらい、大盛り上がりでした。

ページ TOPへ