カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/12/7 お約束

ワークショップの案内などをご覧いただくと、このようなことが書いてあります。
 
「収益の一部を、熊本地震に寄付いたします。」
 
で、先日、とあるご縁から、国境なき医師団の募金活動に出くわしまして、支援することにしました。
 
今の自分の生活を考えれば、募金なんてしている暇はないわけですが、基本的にカウンセリングでいただいたお金は、カウンセリングを継続するためと、誰かやなにかを支援するために使おう、と決めておりましたのでね。
 
自分自身がどうであれ、自分が決めたことはまず実行してみる。
 
無理をしない程度にね。
 
で、今回皆様からいただいたお金で、支援することが決まりましたので、ここでお知らせすることにいたしました。
 
実は、カウンセラーの活動をはじめてから、このような支援活動を、こっそりですがやっていたんですよね。
 
もちろん、微々たるものでしたけど。
 
支援のしかたは、人それぞれいろんなやり方があるわけです。
 
募金活動やボランティア活動、被災地に行ってお金をおとしたり、積極的に商品を購入したり。
 
このような活動をする背景には、やはり阪神大震災の経験があるからでしょうね。
 
震災後の観光客の激減などで、復興がすごく大変だったのを目の当たりにしていますからね。
 
正直、日本に住んでいる限り、いつ自分が災害にあってもおかしくないわけです。
 
まさに、明日は我が身、なんですよ。
 
であれば、被災したときに全国の人たちが支援してくれたことを、還していくことが、支援へのお礼だと私は感じているわけです。
 
よく使う諺ですが、
 
情けは人のためならず
 
誰かに情けをかければ、回り回って、いつか自分に還ってくる
 
私は先にしてもらった方ですから、してもらったことを還しているに過ぎないわけですが。
 
多くの人が、自分がしてきたことが、いつか自分に還ってくると思えば、人は皆優しくなれるのかもしれませんねぇ。
 

ページ TOPへ