カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

怒りとけんかのコミュニケーション⑬

終 章「けんかにもルールがある、かも」

  

前回までのお話で、けんかのプロセスについてお話ししてきましたが、ちょっとスポーツに例えてみます。

 

スポーツには、それぞれルールというのがあります。

選手は、それらのルールに沿って競技を行うわけですが、もしルールがなかったり、ルールを守らなかったりしたら、どうなるでしょう。

  

その場合、スポーツではなくなってしまい、観戦する方も楽しいとは思えなくなるでしょう。

 

ルールという決められた状況の中で、お互いの最善を尽くすスポーツだからこそ、楽しく観戦できるというものです。

 

では、けんかにはルールはあるのでしょうか?

 

これは私なりの考えなのですが、実際には「暗黙のルール」みたいなものがあるのではないかと思っています。

またそのルールは人それぞれ違いがあるものかもしれません。

 

手を出してはいけないとか、こんなことだけは言ったりやったりしてはいけないとか。

 

人は無意識に自分の中にルールを作り、そのルールに沿って自分の考え方や行動を決めていきます。

 

そのルールが無視されるとき、またはそのルールが他人のルールとまったく違うとき、それはけんかではなくなってしまうのかもしれませんね。

 

さて、個人的な意見ですが、けんかについて皆さんに守っていただきたい、最低限のルールをいくつか提案したいと思います。

 

ひとつは、けんかは両成敗であること。

どちらかが悪いのではなく、そもそもけんかになった時点で、両方に問題があるということ。

 

2つ目は、自分と相手を対等に扱うこと。

自分と相手を対等に扱うことは、けんか以前に人としてのルールだと私は感じています。

自分がされていやなことは相手にしないことでしょうね。

 

3つ目は、赦すということ。

けんかを始めても、どこかで赦さなければ終わることなくけんかが続いてしまいます。

赦さないけんかは、ただの暴力的な押し売りでしかありません。

 

4つ目は、自分の行動、言動に責任を持つことです。

無責任な発言や行動は、結果としてよい関係を生み出すことはできません。

自分がしたことには、きちんと自分自身で責任をとりたいものです。

 

ここに挙げた4つのルールですが、実際私自身も守れているわけではありません。

そこは人間ですから、完璧などありえないんですよね。

でも、そうありたいと願う気持ちが、きちんとした「ルール」を創り出してくれるのかもしれません。

 

けんかはコミュニケーションの表現方法のひとつに過ぎません。

その表現をどのように扱い、どのように使い、どのように責任を持つのかは、個人の力量に託されています。

 

お互いが成長できるような、そして最後にはお互いが理解し合えるような、そんなコミュニケーションにしていきたいものですね。

 

最後になりますが、いい夫婦は喧嘩をしないのか?

いい夫婦になるために喧嘩が必要なのか?

この答えは、皆様の実生活によって導かれる事でしょう。

 

けんかをするしないが、いい夫婦になる事とは直接関係はないでしょう。

いい夫婦というのは、喧嘩をしてもしなくても、お互いを理解したいと、コミュニケーションを取る努力を惜しまない結果、信頼関係が構築されて「いい夫婦」になっていくのでしょう。

 

お互いの感謝を忘れない気持ちが、とても大切なんですよね。

 

長い間お付き合いいただき、ありがとうございました。

「怒りとけんかのコミュニケーション」はこれで最終回になります。

 

ずっと読んでくださった方々には、心より感謝いたします。

 

ありがとうございました。

ページ TOPへ