カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/11/9 ゆめ

夢を見ました。
 
正確に言うならば、夢は毎日見ているのですが、ほとんどが覚えていません。
 
しかし、時々鮮明に覚えている夢がある、ということです。
 
どんな夢かと言いますと。
 
元嫁に銃で威嚇射撃される
 
という夢でした。
 
見知った顔の人が登場する夢は珍しいので、夢判断で調べてみました。
 
 
すると
 
銃というのが、男性のシンボルで、基本的にたまに当たると幸運が舞い込む、ということでした。
 
また、女性であれば欲求不満、男性であれば、自分の性的魅力に自信をなくしている、ということでした。
 
くそう、当たってんじゃねえか
 
まあここまでは夢占いの範疇になりますが、心理学でも、夢分析というのがあるんですよね。
 
で、私的に、自分の夢分析をしてみたわけです。
 
まず、銃で撃たれたわけではなく、威嚇射撃だったこと。
 
つまり、自分を近づかせたくないなにかがある、ということです。
 
それは、自分自身が知られたくないなにか
 
そのなにかがその先にあった、ということが考えられます。
 
夢の中の登場人物はすべてが自分の分身ですから、私が元嫁に投影しているものが、私の侵入を拒んでいる、ということになりますね。
 
さてさて、私が気づきたくないなにか
 
そのなにかが知りたい方は、面談カウンセリングに来た人にだけ教えちゃいましょうかねぇ(いじわる)
 
以上、最近見た夢のお話でした。
 
余談ですが、元嫁とはちゃんと仲良くやってますよ(笑)
 

ページ TOPへ