カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

心からのありがとう

ありがとう
 
ごくごく普通の、特別でもなんでもない言葉ですが、この言葉が、言いたくても言えなくなってしまうときがあります。
 
本当はありがとうと伝えたいのに「ごめんなさい」とか「すみません」とか言ってしまったり、何も言えないときもあるかもしれませんね。
 
ありがとう
 
と言えないとき、心の中はどうなっているのでしょう?
 
基本的には、申し訳ない気持ちや、恥ずかしい気持ち、他にも意地や見栄などがあったり、まあ一言で言えば、
 
素直になれない
 
わけです。
 
で、多くの人は、全く無意識で、「ありがとう」という言葉と思いを伝えるために、あることをしています。
 
それは「自分に付加価値を付ける」という行為です。
 
実は、ありがとうと言えない心理の裏側には、言う側と言われる側に、自己価値の相違があるんですよね。
 
相手の価値を高く見ている、というよりも、自分の価値を低く見すぎている場合、ありがとうが素直に言えなくなります。
 
そこで、ありがとうを言うために、自分の言葉ではなく、行動などによって、自分に付加価値を付けていくわけです。
 
自分が相手に対してこれだけのことをしてあげた。
 
という気持ちがあって、やっと「ありがとう」と言える許可が降りるわけです。
 
実は、本当に心からの「ありがとう」を言うためには、自己価値の低さを克服する必要があるわけです。
 
ありがとうを言われる側からすれば、言われたくてやっているわけでもないし、相手の価値を低く見積もっているわけでもありません。
 
しかし、言う側からすれば、してもらったことに対して、それに見合ったものを相手に返せたときに、ありがとうが言葉になるわけです。
 
以前心理学講座で、感謝をするためには「赦し」と「手放し」が必要だというお話をしました。
 
赦すのは自分自身
 
手放すのは、低く見ている自分の価値
 
心から「ありがとう」伝える。
 
これだけで、こころは成長してくれるわけです。
 
それは、ただ相手を思うだけでなく、相手と自分を対等に扱うこと。
 
パートナーシップやフレンドシップ、リーダーシップは、「相手と自分が対等」の時に、初めてうまくいきますからね。

 

 

 

ページ TOPへ