カウンセリングハートを伝えたい、カウンセラー、ヒーラー、セラピストのためのスクール CSS

2016/10/3 ネットで見つけた記事

ネットでつらつらと他人の記事を読んでいますと、たま~に面白い記事を見つけることがあります。

こんな記事を見つけました。

 

いじめ

大人の社会では「嫌がらせ、ストーキング、ハラスメント」と言うのに
なぜ、
子供の社会では「いじめ」と言うのだろう?

「イジメられていない?」と聞いた時
子供が「うん」と頷いたなら、
その子は
もうすでに
かなり追い詰められていないだろうか・・・

子供だって自尊心はある
「いじめ」と言う言葉が持つ負のイメージが
「親を心配させたくない。」「自分に問題がある。」
と思わせるのでは無いだろうか?

「困ったお友達嫌がらせをしていない?」
って聞けば、子供もまた違った反応をするのでは無いだろうか?

と・・・
公立小学校で介助の仕事をしている知人が言っておりました。

 

 

質問の仕方って、すごく大切なんですよね。

 

カウンセリングにおいても、同じことを聞くにしても、いかに話しやすい質問をするか、相手に気づいてもらう質問をするか、というのは、とても大切なことなんですよね。

 

質問する力を養うためには、興味と好奇心が必要です。

 

相手に対してどれだけ興味を持てるか。

 

そして、問題と向き合うときに、恐れではなく好奇心を持って臨めるか。

 

聞き手が好奇心を持つと、話し手も好奇心を感じ始めます。

つまり、自分に疑問を持つわけです。

 

しかし、聞き手が恐れを感じていると、話し手も恐れを感じ始めるんですよね。

 

以前、いじめについて、水曜どうでしょうのディレクターである、嬉野正道さんのブログを紹介したことがあります。

 

いじめはいじめではなく「迫害」である。

 

この記事自体は、水曜どうでしょうのブログに、まだあると思いますので、良かったら読んでいただければと思います。

ページ TOPへ